AGA治療のデメリットとは?薬の副作用や対処方法について解説

AGA治療は薄毛に苦しむ方にとって最大の悩みを解決してくれる、素晴らしい治療です。

近年では低予算でAGA治療ができるクリニックも数多くあり、AGA治療は富裕層のみが対象のものではなくなってきています。

では薄毛に苦しむすべての人が気軽に、そして安易にAGA治療を始めて良いかと、言われるとそういうわけではありません。

AGA治療にはデメリットがつきものです。特に今回は薬の副作用やそれに対する対処方法についてご紹介していきたいと思います。

著者情報 吉川貴紀AGAマガジン編集部
吉川 貴紀
AGAに悩み様々な薄毛対策グッズを利用しました経験があります。その際に感じた商品の効果や経験者ならでは調査力を活かして、薄毛に悩んでいる読者にわかりやすく役立つコンテンツをお届けします。様々な最新情報もお届けできればと思います。

AGA治療で考え得る3つのデメリットについて

AGA治療で考えうるデメリットは大きく分けて3つあり、薬の副作用が起こる可能性があること、初期脱毛が起こること、そして治療を継続する必要があるため、長期的に費用がかかるという点が挙げられます。

それぞれについて詳しくご紹介していきますので、一緒に確認していきましょう。

1.薬の副作用が起こる可能性がある

まず一つ目のデメリットは、「薬の副作用が起こる可能性がある」ということです。

AGAの治療薬として日本で認可されている薬にはフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルの外用薬として利用などがあります。ミノキシジルの内服薬は日本皮膚科学会からは推奨されていませんが、多くの方が発毛を実感していることもあり、多くのクリニックで利用できます。

しかしフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルにも副作用というものが存在します。

デュタステリドやフィナステリドの副作用は勃起不全や性欲減退、精液量の減少などがあり、女性だと乳房障害などの可能性もあります。

特に男性機能に関わる機能に関する副作用が起こりやすいため、子供を持つことを望んでいる方は、男性の場合配偶者の方が妊娠に至ってから治療を始めるか、一時的に服用を休止することが勧められています。

しかし、フィナステリドやデュタステリドは継続的に服用することでAGAの治療効果が現れる薬なので、休薬期間が長ければ長いほどAGAも進行しやすくなります。よって、休薬期間は最小限にとどめるように努めることが勧められています。

ミノキシジルの外用薬についても、血圧の低下による立ちくらみやめまい、多毛症や動悸、息切れ、痒みやかぶれなどの副作用が生じる可能性があるので、薬が身体に合っているかどうかをあらかじめ血液検査などで確認してから利用するようにした方が良いでしょう。

2.初期脱毛が起こる

AGA治療においてほとんどの方が避けて通れないのが「初期脱毛」です。

初期脱毛とは、AGA治療薬の使用を開始した後、一時的に薄毛が悪化する現象のことです。

AGA治療薬は基本的に髪の毛が成長する「成長期」、髪の成長が遅くなる「退行期」、寿命を迎え、髪の毛の成長が完全に止まる「休止期」の期間で構成される「ヘアサイクル」というものを正常に戻す働きがあるからです。

つまり、寿命を迎えつつある髪の毛が一旦AGA治療薬の効果によって抜け落ちるので、一時的に薄毛が悪化したように感じられます。

初期脱毛が発生したということは、薬の効果があったということです。

初期脱毛の後は高い確率で発毛を実感できますが、この段階で初期脱毛が「AGA治療薬の副作用である」と勘違いし、治療をやめてしまうと、むしろ治療前より髪の毛が薄くなってしまうということもありますので、決してこの段階で治療をやめないようにしましょう。

また、抜け落ちる髪の毛は比較的細く、短い産毛のような髪の毛が多いです。

1か月から2か月程度初期脱毛にかかる場合もありますが、太く長い髪の毛は残る傾向にあるので、そこまで周りから見て「薄くなった」と感じるほど髪の毛が減らないこともあります。

まれに初期脱毛が起きない方もいますが、一部のAGAクリニックの医師によると「半分程度の方が初期脱毛に気づかない」とのことですが、初期脱毛が無くても、あまり気にしなくてよいでしょう。

関連記事

AGA治療を受けるにあたっては、最初の段階で「初期脱毛」という副作用なものがようなものが発生します。これを知らずにAGA治療を受けた場合、髪の毛が抜けだして「逆効果なのではないか」と心配になったりすることも多いと思います。こ[…]

3.治療を継続する必要があるため、長期的に費用がかかる

AGA治療は長い目で付き合っていく必要があります。最も早い場合で3ヶ月程度で効果を実感できる場合もあるのですが、最長で効果を実感するまでに1年程度かかりますし、髪の毛がある程度生えてきたからといって、そこで治療をやめてしまっては再び髪の毛が抜け始めてしまいます。

なぜならばAGAは進行性の病気であり、「完治」という概念が存在しないからです。

よって、どれだけ短くても1年間は治療を続ける必要があります。ほとんどの方は3年、5年、またはそれ以上ずっとAGA治療を続けていく場合がほとんどです。

薬も毎日飲む必要があります。つまり長期的に費用がかかるのであらかじめ「一年間にどれぐらい料金がかかるか」「それを支払うことができるのか」を考えておく必要があります。

最も安い部類では毎月3,000円から4,000円程度でAGA治療を受けられるクリニックもありますが、例えば毎月4,000円と仮定した場合でも1年間治療を受けた場合は5万円弱かかります。

積極的に発毛を目指すプランを利用するならば、安くとも9,000円から15,000円程度はかかりますし、それを毎月、何年間も払い続けられるかどうかをあらかじめ考えてから治療を始めることをオススメします。

基本的にAGAの治療は毎月診察が必要なのですが、それが手間という方は、近年ではオンライン診療が受けられるクリニックも多くあるのでそちらを利用するのも選択肢のひとつです。

オンラインで治療が受けられるAGAクリニックの中には「クリニックの運営費用がかからない」ということもあり、料金を安くしているものもあります。

料金を抑えたい、かつ通院が大変という方は最初からAGA治療をオンラインのクリニックで利用するという方法もあります。

関連記事

AGA治療をこれから受けようと考えている方のほとんどが気になるポイントとして「どれくらい予算がかかるのか」ということがあると思います。少し前まではAGA治療薄毛治療はかなり金銭面に余裕のある方でしか受けられないものでしたが、近年では[…]

AGAの治療方法別の副作用と対処方法まとめ

AGAの治療法は主にフィナステリドやデュタステリドの内服薬、ミノキシジルの内服薬、ミノキシジルの外用薬、そしてメソセラピーや自毛植毛などがあります。

残念ながら全ての治療に副作用が発現する可能性があり、それぞれ条件や発現する副作用は異なるので、しっかり確認した上で対処法についてもご紹介していくので確認していきましょう。

1.フィナステリド・デュタステリド内服薬の副作用

フィナステリド・デュタステリドの副作用
  • 勃起不全・性欲減退
  • 肝機能障害
  • うつ症状
  • 蕁麻疹 など

フィナステリドデュタステリドの副作用は勃起不全や性欲減退、乳房障害や筋肉量の減少などが挙げられ、さらには肝機能障害や気力の低下、うつ症状や蕁麻疹などが確認されたケースもあるそうです。

肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、ビリルビン上昇などの副作用が現れることもあるそうです。

ASTとは主に肝機能を測る数値を指します。

デュタステリドの服用によって肝機能の障害が起こる可能性は極めて稀であるとされていますが、発症率はゼロではありませんし、元々肝臓が悪い方や普段から筋トレなどの激しいトレーニングをしていたり、筋肥大のために大量のタンパク質を摂取している方は、肝臓へのダメージが懸念され、副作用の発現の可能性も高まるので注意しましょう。

基本的にフィナステリドもデュタステリドも副作用の症状としては一緒なのですが、一方で副作用の発現の可能性や程度となると多少異なります。

薬の有効期間を考えると、「半減期」というものが存在し、その名の通り血液中の有効成分が半分量になるまでの期間を指すのですが、この「半減期」がフィナステリドの場合6時間から8時間であるのに対し、デュタステリドの半減期は3週間から5週間ほどとされています。

つまり、デュタステリドの方がフィナステリドよりも半減期が長く、つまりそれだけ長い間有効成分が体内に留まるということになります。

これは一見良いことづくめのように見えるのですが、副作用の面で考えると、長い間体内に留まるということは副作用のリスクも高まるということです。

フィナステリド、デュタステリドは両方とも男性ホルモンにアプローチする働きがあるということで、男性機能低下のリスクは特にデュタステリドの方が高いということになるのです。

参考:医療用医薬品 : プロペシア
医療用医薬品 : ザガーロ

関連記事

薄毛は20代から幅広い年代で悩まれる大きな問題です。この薄毛の原因となる「抜け毛」を抑える医薬品をご存知でしょうか。AGA(男性型脱毛症)の治療薬で、抜け毛を抑制する効果が期待できる成分が「フィナステリド」です。しかし、中には「フィ[…]

関連記事

近年、薄毛治療などでデュタステリドを取り扱うAGA治療クリニックが増えてきています。デュタステリドは、AGA治療薬の定番とされていたフィナステリドよりも効果が高いと期待されています。AGA治療にデュタステリドの利用を考えてい[…]

2.ミノキシジルの内服(ミノタブ)の副作用

ミノタブの副作用
  • 血圧低下
  • 多毛症
  • 心血管系障害 など

ミノキシジルの内服も副作用の発現の可能性がある治療薬です。

日本皮膚科学会からは「利用を推奨しない」とされている治療薬でもあります。

ミノキシジルはもともと高血圧症の治療のために作られた薬で、AGA治療薬として利用した場合でももちろん成分が同じなので、血圧は低下します。

すると元々血圧が低い方などはさらに血圧が下がってしまうことで立ちくらみやめまいを感じることもあります。

また、ミノキシジルは国内での実験は行われていませんが、副作用として全身の毛根に一定の効果を発揮するとされており、つまり体毛が濃くなる、「多毛症」という副作用が発生する可能性が高いのです。

もちろん、ただ体毛が濃くなるだけなので健康面で考えると特にデメリットはないのですが、普段から体毛が濃く、悩んでいる方やいわゆる「ムダ毛」と言われる部分を剃ったり整えたりしている方にとってはかなり厄介な副作用となるでしょう。

また、ミノキシジルは場合によっては冠動脈と呼ばれる心臓に血液を送る血管にも作用してしまう可能性があるそうです。

冠動脈は太い血管なので、細い血管である細動脈と異なって、収縮により血液に勢いを出します。

ミノキシジルは冠動脈を弛緩させてしまうので、服用と同時に心臓への血液量が落ちてしまい、心臓への酸素の供給と栄養補給が減り、心臓が徐々に弱っていき、酸素供給量が足りなくなり、肺への負担がかかるという場合もあります。

よって、もともと心臓が弱い方は特に気をつけて服用する必要があります。

もし利用するならば、あらかじめ血液検査を受けて、「服用するにあたって問題が無いか」、「もし副作用が発生し、健康に被害が及ぶ可能性がある場合はどのように対処するか」、「ミノキシジルの投与を止めるのか」などしっかりと医師と相談して決めておく必要があります。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

関連記事

薄毛の治療薬には飲み薬や塗り薬といったように、いくつかの種類があります。その中でも「ミノキシジル」という薬を知っている方もたくさんいらっしゃいますよね。しかし「本当に効果があるか」「副作用や入手方法がわからない」などさまざまな疑問を[…]

3.ミノキシジルの外用(頭皮への塗り薬)の副作用

ミノキシジル外用の副作用
  • 頭皮のかゆみ・かぶれ
  • ふけの発生
  • 手足のむくみ など

ミノキシジルの塗り薬は内服薬と異なり、日本皮膚科学会でも発毛において利用を推奨している治療方法です。

内服薬と比べるとかなり副作用の発現の可能性が低く、そして程度も異なるので、比較的安心して利用できる治療方法と言えるでしょう。

しかし、もちろん「100%副作用が発現しない」というわけではありませんので、簡単にご紹介していきます。

まずミノキシジル外用薬によって起こる副作用の中で最も多く報告されているのが、頭皮のかゆみやかぶれ、フケの発生といった皮膚のアレルギー反応です。

特にこれは「早く髪の毛を生やそう」と処方された用法や用量を守らずに、1日に何度も外用薬を塗ったり、一度に大量に塗ってしまった場合に起こるそうです。

しっかりと用法用量を守り、利用するようにしましょう。また、もし痒みや赤みがひどくなった場合はすぐに医師に相談することをおすすめします。

また、可能性としては低いですが

  • 適用部位のしびれ、痛み
  • 手足のむくみ
  • 心拍数増加、動悸
  • 目の痛み
  • 耳鳴り
  • 皮膚のつっぱり感
  • 腹痛
  • 毛髪変色

上記のような副作用が起こる事例も少量ながら報告されているそうなので、不安がある方は医師に相談しておきましょう。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

4.メソセラピーの副作用

メソセラピーの副作用
  • 頭皮の痛み・かゆみ
  • 発疹
  • 術後の一時的な痛み・内出血など

実はメソセラピーにも副作用があります。

ここまでご紹介してきているように、メソセラピーは育毛において有効とされるAGA治療薬や成長因子などを頭皮に直接注入する方法で、内服薬や外用薬と合わせて利用することでより早く、より高い発毛効果を実感できる可能性が高い治療法とされています。

しかし、副作用としては、注入という治療方法もあり頭皮の痛みや痒み、発疹などの皮膚の症状や頭部の腫れ、赤み、術後の一時的な痛みや内出血が確認されたケースがあり、これらが怖いという方はノンニードルタイプのメソセラピーなどを利用する方が良いかもしれません。

また、メソセラピーに利用する治療薬は基本的にフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどでここまで上記でご紹介してきたような薬のそれぞれの副作用が現れる場合もまれにあるので、利用においては注意しましょう。

5.自毛植毛の副作用

自毛植毛の副作用
  • 頭皮の痛み・かゆみ
  • 術後の一時的な痛み・内出血など

自らの毛を植毛する自毛植毛にも副作用が現れる可能性があります。

自毛植毛手術を行う場合は、基本的に手術の前に麻酔を使うのですが、麻酔を行った場合手術をしてから一週間ほど顔全体が腫れるといった副作用のリスクが伴います。

特に麻酔液が瞼の付近に付着した場合、まぶたに腫れが生じるケースも多く、最近では入院なしで即日帰宅できる自毛植毛のできるクリニックなども多くありますが、こういった副作用などを考えると、会社勤めなどの方は可能な限り連休など会社の方と顔を合わせなくて良い時に利用した方が良いかもしれません。

また、頭皮の痛みや痒みが発生する場合もあります。

特に手術後に麻酔が切れると髪の毛の細胞を採取した箇所に痛みが出たり、頭痛が出たりすることがあります。

傷口はもちろんしばらくの間痛みますし、人によってはしばらくの間痛みでなかなか眠れないという人もいます。

自毛植毛において痛みが伴うのが心配な方は、可能な限り痛みの少ない治療法を検討することが重要ですが、基本的に痛みの少ない治療法は料金もそれに比例して高くなるので、予算と相談ということになるでしょう。

副作用が不安な場合はAGAクリニックでの治療がおすすめ

DMMオンラインクリニッククリニックフォアAGAヘアクリニックDクリニックAGAオンクリB&HメディカルクリニックAGAスキンクリニックゴリラクリニックイースト駅前クリニック湘南美容クリニックDr.AGAクリニック
画像DMMクリニックフォアAGAスキンクリニック湘南美容クリニック
予防プラン
月額(税込)
5,698円~初月:0円から
(クーポン適用、フィナステリド処方のみ)
次月:3,412円~
初月:1,800円
次月:3,600円
12,100円~初月:0円
次月:4,000円~
初診:7,150円初月:3,700円~
次月:6,200円~
~6,600円3,800円~初月:1.800円
次月:3,000円
初月:980円
次月:3,190円~
発毛プラン
月額(税込)
7,568円~9,163円10,800円~16,500円~初月:0円
次月:10,700円~
6,600円~24,200円15,400円~20,900円12,100円~24,300円9,980円~初月:980円
次月:9,790円~
オンライン診療
クリニックなし(完全オンライン)東京7院/埼玉/大阪東京/大阪/埼玉/神奈川/千葉/茨城東京/愛知/大阪/福岡/北海道なし(完全オンライン)恵比寿/横浜全国62院全国17院全国26院全国97院東京2院/大阪3院/神戸
予約診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら診療予約はこちら
※記事作成時の情報となります。
※最安値を表示しています。

副作用が不安な場合は、ぜひともAGAクリニックで治療を受けましょう。

近年では海外の通販のサイトなどから薬を個人で輸入することもできますし、薬が本物ならばクリニックを利用するよりも少しだけ安く利用できる場合もあります。

しかし、海外から輸入するAGA治療薬は偽物であるケースもあり、偽物の治療薬を利用した場合重篤な健康被害や皮膚の炎症、逆に髪の毛が減るといったリスクも考えられるため、利用はおすすめしません。

また、もし薬が本物だったとしても、AGA治療薬は人によって合う・合わないがあるので、あらかじめ血液検査などを一切行わずに飲んでしまうと副作用が大きく発現し、重篤な被害が起きる可能性もあるのです。

一方でAGAクリニックではしっかりと一人ひとりに合った治療薬が何かを血液検査やマイクロスコープ検査などを用いて確認し、予算に合わせたプランを提案してくれるので、安心して利用できます。

もし副作用が発生してしまった場合でも、薬を別のものにしたり一旦容量を減らしてみたりなど、柔軟な対応をしてくれるので安心して利用できます。

少しだけ安く利用できる以外特にメリットが無く、安全性が低い個人輸入と、血液検査やマイクロスコープ検査を行い、費用に合わせてプランを提案してくれ、もし副作用が起こった場合でもしっかりと対応してくれるAGAクリニック

どちらを取るかは人それぞれですが、筆者としてはぜひAGAクリニックを利用し、安全に治療を受けていただきたく思います。

デメリットが心配な方におすすめのAGAクリニック4選

こちらでは、デメリットが心配な方に医師やカウンセラーと相談できるオンラインクリニックを4院ご紹介していきます。

薬や治療のデメリットを治療を始める前に医師に相談できるので参考にしてみて下さい。

【当記事のクリニックの評価基準について】
当記事の評価項目・評価基準は、当サイトが独自に調査・集計して決定したものです。評価例は以下のような内容になっています。

評価項目評価例
1.費用コスパ・治療に対する料金
・その他追加費用
2.保証・全額返金保証
・副作用保証
3.サービス・診療時間
・休診日

※特定の医療機関の治療を保証するものではありません。
※評価項目、配点割合、算定方法、公開している医療機関の順位等の個別のご質問については、お答えいたしかねます。

1.クリニックフォア

クリニックフォア

【PR】※CLINIC FORの情報【PR】元:CLINIC FOR
クリニックフォア
治療プラン(税込)■予防プラン
初月0円(定期配送&クーポン利用) 2ヶ月目以降 3,412円(税込)/月
■発毛ライトプラン
9,613円(税込)/月
■発毛基本プラン
13,838円(税込)/月
■発毛即効プランW
23,188円(税込)/月
オンライン診療対応
クリニック所在地都市部に10院/全国のオンライン診療に対応
診療時間9:00~21:00

クリニックフォア」はオンライン診療に特化しているクリニックです。都内に10院以上実店舗もあります。

予防プランは、初月0円翌月以降も3,412円(税込)と非常にコストパフォーマンスが優れています。

治療で処方される薬は、「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」等ですが、治療を開始する前に副作用の話を丁寧にしっかりと説明がある上に、受診する度に体調の変化等の診察を介して行ってくれるので安心して服用できます。

万が一、体に合わない場合も治療薬の変更や全額返金制度も設けています。

関連記事

AGA治療には様々な方法がありますが、できることならばオンラインで完結する治療が受けられればそれに越したことはないと思います。そこで今回はオンラインでAGAの治療が受けられる「クリニックフォア」というAGAクリニックをご紹介していき[…]

2.AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

【PR】:AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック
治療プラン(税込)処方薬:タブレット1種(サプリのみ)
料金:3,800円/月
——————
処方薬:タブレット1種(ミノキシジル/フィナステリド/デュタステリド
料金:5,800円/月
ライトプラン(L-1)処方薬:タブレット2種 or リキッド1種
料金:10,000円/月
ライトプラン(L-2)処方薬:タブレット3種 or タブレット1種+リキッド1種
料金:15,000円/月
ライトプラン(L-3)処方薬:タブレット2種 + リキッド1種
料金:20,000円/月
ライトプラン(L-4)処方薬:タブレット3種 + リキッド1種
料金:25,000円/月
その他費用初診料:0円
血液検査:0円
オンライン診療対応
クリニック所在地全国に60院以上/全国のオンライン診療に対応
診療時間10:00~22:00(院によって異なる)

AGAスキンクリニック」は、全国に60院以上のクリニックを構えている大手AGA治療クリニックです。

これまで70万人の来院実績を誇り様々なAGAへの知識があるので、処方薬の副作用についても非常に気を使って診療を行っています。3カ月に1度のオンライン受診を推奨しており、その中で服用している処方薬の副作用に問題が無いかの診察も行っております。

もし、自分の体に合っていないと感じた場合は治療薬を別の薬に変更したり、数を減らしたり治療を継続できるか等の相談や提案もしてくれるので安心して相談できる環境が整っています。

治療費も、1カ月5,800円からとリーズナブルな価格設定となっているので金銭的負担も少なく、心理的ハードルも低くなっています。

関連記事

AGAスキンクリニックは、治療プランが豊富にあります。予防だけできればいいという場合でも、発毛促進を急ぐ場合であっても対応したプランがあります。さらに「Rebirth」という独自の治療薬を使用しているので、他のクリニックのアプローチ[…]

3.AGAヘアクリニック【初診カウンセリング料・オンライン診療無料、フィナステリド処方】

AGAヘアクリニック

【PR】:AGAヘアクリニック
AGAヘアクリニック
1ヶ月分(税込)3,600円
送料520円
オンライン診療の対応時間10時〜22時
予約方法公式サイトはこちら

AGAヘアクリニック」は医療法人が運営するAGA治療専門の病院です。診療・診察・処方は全て専門医が行い、薄毛治療に不安を抱える人でも安心して治療に集中できます。

脱毛抑制効果が期待できるフィナステリド配合内服薬は初月1,800円と診察を受けやすい価格になっています。また2回目以降の再診も無料で、治療薬代は3,600円と続けやすい価格です。

また、全額返済制度が用意されており、AGAヘアクリニックの条件を満たしながら、治療効果が認められなかった場合には、それまでにかかった治療費用が全額返金されます。

オンライン診療の実績も15万件以上あるため「普段仕事で忙しくてクリニックに通うのは厳しい」という方でも気軽に相談できるでしょう。

薄毛に悩み初めてAGAクリニックを受診する方で薄毛治療に不安を抱える人におすすめのクリニックです。

関連記事

AGA治療を受ける方にはさまざまな悩みがあり、それぞれ予算や進行の度合いなども大きく異なります。そこで今回はさまざまな薄毛に関する悩みを抱える方におすすめできる「AGAヘアクリニック」について詳しくご紹介していきます。料金設[…]

4.Dクリニック

Dクリニック

【PR】:Dクリニック
Dクリニック
治療プラン(税込)単剤処方治療(抜け毛予防)
処方薬:フィナステリド/プロペシア/ザガーロ
診察内容:診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影
料金:診察費5,500円+処方薬6,600円~10,450円/月
アドバンスト発毛治療(発毛+抜け毛予防)
【初診】
料金:初診費5,500円+血液検査5,500円
診察内容:診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影+血液検査
——————
【2回目以降】
処方薬:院内製剤の内服薬/外用薬、発毛栄養サプリメント
診察内容:診察+血圧測定+マイクロスコープ+頭部撮影(下記料金に含む)
外用薬のみ:16,500円/月
内服薬のみ:29,700円/月
外用薬+内服薬:35,200円/月
オンライン診療対応
クリニック所在地都市部に8院/全国のオンライン診療に対応
診療時間10:00~19:00/土日9:00~18:00

Dクリニック」は、将来の自分の頭髪予測を見ることができるシステム「SAGASU(サガス)」を導入しています。

AGA治療を行う際には、丁寧なカウンセリングを行い、血液検査をして処方薬等の安全性もしっかりと確認してくれるので可能な限りデメリットを払拭してくれます。

治療費は、他のクリニックと比べると決して安い金額ではありませんが、患者ファーストな治療と細かな所まで配慮されているので安心して治療を任せる事が出来ます。

関連記事

AGA治療が受けられるクリニックにはさまざまなものがあり、それぞれ特徴なども異なります。「料金が安い」「専門医が複数常駐している」「サポート体制が充実している」「オンラインで治療を受けられる」「返金制度が整っている」「大手が経営して[…]

まとめ

今回はAGA治療のデメリットや薬の副作用、対処方法などについてもご説明してきました。

AGA治療には副作用がつきものですし、人によって薬の合う合わないはあります。

しかし、AGAクリニックでの治療ならば、あらかじめ薬の副作用についてしっかりと理解した上で医師と相談し、しっかりと検査を受けて身体に合っているものかどうか、そしてもし副作用が発生してしまった場合でもどのように対処すればいいのかを医師の判断を仰ぐことができます。

ぜひともAGA治療は信頼できるAGAクリニックと一緒に進めていきましょう。

関連記事

「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする...」「治療を受けたいけれど、クリニックが多すぎてどこで治療を受ければ良いかわからない...」このようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。そこで、今回はAGA治療のクリニック[…]

aga-osusume1
関連記事

近年では病院の「オンライン診療」も盛んになってきました。通院するタイプの従来の診療と比べて、医師による詳細な診断はできないものの、「ある程度症状は分かっていて、薬が欲しい」みたいなケースではとても便利です。AGA治療はオンラ[…]

online-aga