育毛剤に副作用はある?考えられる症状や対処法を徹底解説!

「育毛剤を使いたい」と考えている人の中には、「使うのが怖い」と感じている人もいるのではないでしょうか。この記事は育毛剤を使うことで発生する可能性のある副作用について、症状や原因など詳しくご説明します。

また、副作用が出ないようにする注意点などもご紹介しますので「これから育毛剤を使いたい」と考えている方は参考にしてみてください。

育毛剤を使うことで考えられる副作用の症状や原因は?

「育毛剤を使いたいけれども副作用が心配で使えない」と考えている方もいらっしゃいますよね。一般的にどんな薬でも体の目的箇所を改善するための「主作用」と体の目的箇所以外に反応してしまう「副作用」があります。

育毛剤を使用するときも同様に副作用は発生するため、どのような副作用が発生するか確認してから利用しましょう。

以下では育毛剤を使うことで考えられる副作用の症状や原因について解説していきます。

育毛剤の使用で考えられる副作用の症状は?

考えられる副作用
  • 初期脱毛
  • めまい・頭痛
  • 多毛症
  • 動悸
  • 体の痒み・湿疹

前提として、育毛剤による副作用は絶対に起こるわけではありません。使用する人の体質や使用方法によって発生する可能性のあるものとして認識しておきましょう。

育毛剤の使用によって上記のような副作用が出る場合があります。その中でも「初期脱毛」は育毛剤の使用を始めてから2ヶ月くらいで起こりやすい副作用と言われています。

これを聞いた方の中には「育毛剤なのに髪の毛が抜ける副作用があるのか」と思うかもしれません。しかし、初期脱毛は育毛をうながす細胞を活性化し育毛環境の土台を作る上での大切な症状になります。

その他にも皮膚の湿疹・痒みなどが出る場合もあります。育毛剤の中には頭皮の余分な皮脂や汚れを取り除く成分が含まれている事があるため、肌との相性によっては湿疹やかゆみが出てしまうのです。

また痒みや湿疹といった肌に起こる副作用は育毛剤を塗った場所に起こりやすいと言われています。育毛剤を使用し始めたときは、塗った部分に違和感がないか確認することをおすすめします。

育毛剤で副作用が出る原因は?

副作用が出る原因
  • 身体に合わない(アレルギーなど)
  • 疲労・体調不良
  • 肌トラブル

育毛剤には脱毛を抑制したり、発毛環境を改善したりするためにさまざまな成分が含まれたりしています。その成分の中には使用する人によって身体に合わない場合もあり、副作用が起こる原因になるのです。

また、疲労など体調によって副作用が発生しやすくなる場合もあります。例えば肌が荒れている場合などに育毛剤を使用すると、アルコール成分が入った育毛剤などでは肌荒れしてしまう可能性も考えられるでしょう。

副作用が発生する原因は一つではありません。使用する場合にはアレルギー成分やご自身に肌荒れがないかなど、事前にチェックしましょう。

発毛効果が認められた成分が入った「発毛剤」は育毛剤よりも副作用が出やすい

育毛剤発毛剤
商品の分類医薬部外品医薬品
使用の目的今ある髪を健康的にする
髪のボリュームを改善する
抜け毛を予防する
新たに髪を増やす
育毛を促進する
主な有効成分センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
塩酸ジフェンヒドラミン
など
ミノキシジル
フェナステリド
デュタステリド
など

薄毛で悩む人の中には「発毛剤」を使用する人もいます。「育毛剤」と「発毛剤」には大きな違いがあるため、違いを理解しておくことが重要です。

まず育毛剤は頭皮の育毛環境を活性化させ、抜け毛を防ぐためのものです。発毛剤は発毛を促し新しい髪を発毛させるためのものです。

育毛剤は予防、発毛剤は発毛促進と明確な違いがあります。そのため、機能を理解した上で今起こしたい変化に合わせて選ぶことが大切です。

また発毛剤は医薬部外品に分類される育毛剤と違い、発毛効果がある成分が含まれていることから医薬品に分類されています。そのため副作用も出やすいと言われているので使用には注意が必要です。

発毛剤に含まれる成分の中でも「ミノキシジル」は発毛剤にしか使われていない成分で、血圧に異常がある方の使用は危険があるため注意しましょう。

ミノキシジルの副作用としては、

  • 初期脱毛
  • 動悸
  • 皮膚炎

などが挙げられます。ミノキシジルは元々高血圧に対する治療薬として開発された経緯があるので、うかつな使用は避けた方が良いでしょう。

とはいえ日本皮膚科学会ガイドライン※の調査によると、924名を対象にした試験で発毛効果があったというデータが残されています。

副作用も考えられる成分ですが効果も期待できるため、肌や身体との相性を確認してみることをおすすめします。

また発毛剤を使用するときに医師からの指示があった場合は、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

※参照元:日本皮膚科学会ガイドライン

育毛剤で副作用が出ないようにするために注意したい3つのポイント

「育毛剤を使用したいけれども副作用が心配」「バレたくないから出来るだけ副作用が出ないように使用したい」と考えている方もいらっしゃいますよね。

育毛剤は薬剤のため副作用もありますが、注意点を抑えることで最小限に抑えることもできます。

ここでは育毛剤で副作用が出ないようにするための注意したい3つのポイントについて解説します。育毛剤を使用する上で大切な事ですので参考にしてみてください。

①商品で決められている用法・用量を守って使う

育毛剤を使用するときは用法・用量を守って使用することをおすすめします。なぜなら規定量以上を使用してしまうと副作用のリスクが高まってしまうからです。

育毛剤を使用する人の中には商品の用法や用量を誤って大量に使用する人がいます。決められた用法・用量を守らなければ副作用のリスクが高くなります。

育毛剤をたくさん使うからといって薄毛が改善するということではないため、注意して使用しましょう。

育毛剤を付け過ぎると頭皮の毛根がつまり、頭皮の皮膚疾患の原因になったり育毛効果を損なったりすることもあるため注意が必要です。

また薄毛改善には最低でも数ヶ月以上は掛かる可能性が高いです。購入した育毛剤は用法・用量を守り、長期的な目線を持って使用していきましょう。

②これまでアレルギーなどトラブルが起こったことがある成分は避ける

他の薬剤や別の育毛剤でアレルギーやトラブルがあった場合は、その薬剤に入っていた成分は使用しないようにしましょう。なぜなら同じトラブルを引き起こす可能性があるからです。

育毛剤には様々な種類があり成分も種類によって異なり、成分によってはアレルギー反応で湿疹や痒み、動悸などの副作用が発生する場合があります。

そのため、使用前には育毛剤の成分を確認し、トラブルが起こった事がある成分は避けるようにしましょう。

とはいえ「自分がアレルギーを持っているかが分からない」という方もいらっしゃいますよね。このような方は育毛剤の使用前に医師の診断を受け、自分の持つアレルギーを事前に確認しましょう。

育毛剤の使用期間は最低でも数ヶ月以上と長くなりがちです。アレルギーがある状態で使用することは危険なため、肌トラブルを解決してから使用しましょう。

③肌荒れ・かぶれなど肌トラブルが起こっている場所には使わない

育毛剤には肌荒れと相性が良くない成分が含まれたものがあります。もちろん個人の肌との相性によりますが、肌荒れ・かぶれなど肌のトラブルが起こっている場合にはその箇所に育毛剤を使わないようにしましょう。

アルコール成分などが含まれる育毛剤では、肌荒れ・かぶれなどの箇所に使うと肌荒れ・かぶれが悪化する可能性があります。

肌のトラブルがある場合は肌との相性が良い育毛剤を使用するか、先にトラブルを解決してから育毛剤を使用しましょう。

育毛剤を使って副作用が出たときの対処法は?

育毛剤を使用していて副作用が出た場合はすぐに育毛剤の使用を中止しましょう。副作用が出ている状態での使用はとても危険で、症状が悪化する原因になります。

次に医師の診察を受けるようにしましょう。一時的に落ち着いても再発する可能性もあるため、トラブルが発生したら自己解決しないことが大切です。

具体的にかぶれや湿疹が出た場合は皮膚科にいくなど、トラブルが発生した段階で使用を中止し医師の診察を受けましょう。

大切なことはなるべく早く医療機関で受診することです。アレルギー反応による副作用は、放っておくと大きなトラブルに発展しかねません。そのため早急に対処することをおすすめします。

副作用の心配をせずに薄毛改善をしたいなら「AGAクリニック」の受診もおすすめ

AGAクリニックがおすすめの理由
  • 専門医に診断してもらえる
  • 副作用の対処をしてもらえる
  • 適切な処置を提案してもらえる

副作用の心配があり育毛剤の使用を躊躇している方には「AGAクリニック」の受診をおすすめします。

AGAクリニックは男性型脱毛症(AGA)を治療できる医療機関です。脱毛症の治療は皮膚科、美容外科などで受けられますが、AGAクリニックでは脱毛症専門医による診察を受けられます。

特にAGAクリニックの専門医は皮膚科などで脱毛症の治療をする医者よりも、経験や知識が豊富で安心して脱毛症治療を受けられます。

また市販の育毛剤を使用し副作用が出た場合でも、AGAクリニックでは適切な処置を受けられます。一度育毛剤を使用して「これ以上の副作用は怖い」と感じた方はAGAクリニックで診察を受けてみましょう。

AGAクリニックは専門医が診察し適切な治療を受けられる反面、料金は月数千円から数万円かかるなど高くなります。育毛剤や皮膚科よりコストのかかる治療になることを覚えておきましょう。

とはいえ「仕事で忙しい」「初めから対面で診察を受けるのは気が引ける」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

現在のAGAクリニックはオンラインで診察、治療を受けられるところも増えてきており、初診は無料のクリニックもあります。さまざまな方が気軽に受診できるようになっているため、薄毛に悩む方や育毛剤の副作用が気になる方は検討してみてください。

おすすめのAGAクリニックはこちら

まとめ

今回は育毛剤を使うことで起こり得る「副作用」についてご紹介しました。副作用はどんな薬でも起こる可能性があり、育毛剤にもそのリスクがあります。

育毛剤の副作用は、「初期脱毛」「動悸」「皮膚の痒み・湿疹」「頭痛」などが挙げられ、アレルギーや体調不良、皮膚の状態によって発生する場合が多いと言われています。

そのため薄毛に悩む方や副作用への心配がある方は、専門医に診察してもらえるAGAクリニックで診察を受けてみましょう。

一部のAGAクリニックではオンラインで診察を受けられ初診料が無料のクリニックもあります。気になる方は一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか。