CATEGORY

AGAとは?症状・原因や治療する方法を解説!おすすめクリニックも紹介

             

AGAとは?解説

AGAとは「男性型脱毛症」の略称で呼ばれている男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症のことです。

以前は原因が分からず対処が難しかったのですが、現在では治療方法が登場しており、治療を受けることでAGAを予防・改善できる可能性が高まりました。

今回の記事では、AGAの原因・治療方法やおすすめのAGAクリニックについて詳しく解説していきます。最近薄毛や抜け毛が気になるという方は、ぜひ最後まで読んでください。

そもそもAGAとは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語だと「男性型脱毛症」と呼ばれています。男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症のことです。

AGAになると初期症状で髪の毛のハリやコシが失われ、うぶ毛のような頼りない毛に変わっていきます。おでこの生え際か頭頂部、あるいはその両方の髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

AGAは早期改善が必要な病気です。初期段階では自助努力で治る可能性もありますが、症状が悪化してからだと市販薬やマッサージでは完治しません。進行性の薄毛であるため、気づいた段階で治療をはじめることが大切です。

AGAの主な症状・特徴を解説

AGAの症状はある程度の特徴があります。しかし「どのような症状や特徴があるかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで以下では、AGAが発症してきた時の症状や特徴を解説していきます。発症の初期は特に気づきにくいことが多いと思うので、当てはまる項目はないか下記を参考にしてください。

1.抜け毛が1日200本以上など通常より多い

一般的に髪の毛は1日に50〜100本程度抜けるといわれています。しかしAGAを発症している場合、1日200本以上抜けることがあるのです。

人間のヘアサイクルは、成長期・退行期・休止期の3つで構成されてます。正常に機能していれば成長期2年〜6年、退行期約2週間、休止期約3カ月、その後に脱毛という流れが基本的です。

サイクルが乱れてしまうと退行期・休止期は通常のヘアサイクルと同じですが、数カ月から1年程で成長期から退行期に移行してしまいます。そのため髪の毛が成長しきる前に、抜け落ちてしまうのです。

AGAになると、通常より抜けるペースが早くなってしまいます。抜け毛が多くなったときはAGAを疑ってみましょう。

2.主に生え際・頭頂部がハゲる

AGAでは、髪の毛の抜け方に特徴があります。特に頭頂部がO型、生え際がM字型に薄くなり、その範囲が徐々に広がっていくことがほとんどです。側頭部や後頭部は基本的には変わりません。

上の画像のように中年以降の男性でイメージされる薄毛の多くはAGAとなります。

AGAでは髪の毛が伸びる成長段階の時間が短くなっています。正常よりも早いヘアサイクルになってしまっているため、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

3.年齢が上がるほど発症率が高い

年齢層発症率
20代10%
30代20%
40代30%
50代以降40数%

参照元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

AGAは年齢が上がるほど発症率が高いといわれている病気です。男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版によると、20代では10%だった発症率も年齢が上がるにつれて上昇し、50代以降は40%以上まで引き上がることがわかっています。

つまり、年齢の高い人ほどAGAにかかっていないか確認する必要があるのです。

とはいえ、若年層も安心はしていられません。AGAは進行性の病気であることから、若くしてAGAを発症した方が、30〜40代で発症した患者よりも薄毛の進行スピードが早い傾向にあるのです。

したがってAGAは年齢の高い人は特に警戒しつつ、若年層で疑いがある人も早期改善しなければならないといえるでしょう。

AGAと他の薄毛の違いを解説

薄毛の種類症状・特徴
円形脱毛症
  • 自己免疫疾患で頭髪の一部が楕円~円形状に 抜け落ちる脱毛症
  • 突然発症することが特徴
  • 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら 脱毛部分が大きくなる
脂漏性脱毛症
  • 皮脂が過剰に分泌されてしまうことで、頭皮 に赤みやフケ、かゆみがでる
  • 慢性化することにより抜け毛が増える脱毛症
びまん性脱毛症
  • 髪の毛の密度が全体的に薄い
  • 中年期以降の女性に多い脱毛症
牽引性脱毛症
  • 部分的に髪の毛が抜けて薄くなっている
  • 髪の毛に負担をかける習慣をやめると改善する
圧迫性脱毛症
  • 頭皮が強く圧迫されることによる脱毛症
  • 外的要因が積み重なって発症する
ひこう性脱毛症
  • 全頭に灰白色のフケが発生して毛髪が薄くなる脱毛症
  • 頭皮に炎症を抑える為に外用薬を使用することがある
抜毛症
  • 自分の毛を繰り返し抜いていまい薄くなる脱毛症
  • 頭皮自体の問題ではなく一種の癖

AGAは男性ホルモンの影響や、遺伝による薄毛が原因です。

薄毛の原因は遺伝的背景やストレス、食事をはじめとする生活習慣など、さまざまな要因があるといわれますが、複数の要因がからみ合って薄毛になっていると考えられます。つまりAGA以外にも要因はないか考える必要があるのです。

円形脱毛症や抜毛症、びまん性脱毛症は精神面の影響が大きく、頭皮のケアだけでなくメンタルケアが必要なことが多いようです。

また。脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症は頭皮の炎症が影響していることが多いといわれています。そのため、日頃から頭皮ケアが必要です。

全ての脱毛症の原因は、ストレスや食生活などの影響で発症することが多いといわれています。普段から生活習慣を正しておきましょう。

AGAを発症と考えられる4つの原因

AGAになってしまった人の中では「なぜ発症してしまったのだろう」と悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。ここからはAGAを発症する原因について解説していきます。

生活習慣を整えることやストレス発散方法を見つけるなど、普段の生活で気を付けられることもあるので、薄毛を少しでも予防できるように下記を参考にしてください。

1.遺伝

AGAの原因となる5αリダクターゼの活性度、男性ホルモンレセプターの感受性は、親から子へ遺伝で引き継がれやすいと考えられています。そのためどちらか一方、または両方を親から引き継いでいる子供は、AGAを発症しやすくなるのです。

母方の祖父から隔世遺伝で薄毛の遺伝子を受け継ぐ確率は、2分の1です。

母方の祖母の父親(曾祖父)が発症していた場合は、AGAにかかりやすいやすい子どもが生まれる確率がさらに高まります。母方の祖父に症状が見られる場合は特に注意しましょう。

2.乱れた生活習慣

食事内容や睡眠時間、喫煙などの生活習慣は、薄毛と深い関係があります。薄毛で悩んでいる方は、薄毛の原因となる生活習慣の改善が必要不可欠です。

具体的な対策として、以下の方法が考えられます。

  • 質のいい睡眠で成長ホルモンを分泌させる
  • たんぱく質、ビタミン、亜鉛、アミノ酸など育毛に必要な栄養素を摂取する
  • 愛煙家は禁煙する

これらの対策を講じつつ、普段の生活を少しずつでもいいので改善してみましょう。

3.パーマ・カラーリングなどの刺激

ヘアカラーやパーマの薬剤は髪の毛に使用するので毛根自体には影響しません。そのため、ヘアカラーやパーマをしたからといって、AGAそのものは進行しないのです。

しかし薬剤が頭皮に付着すると、頭皮が炎症を起こしたり、パーマやカラー剤で髪の毛がダメージを受け弱くなったりすることが考えられます。

どうしてもパーマやカラーをしたい場合は、美容院でプロにお任せするのが安心です。

4.ストレス

精神的なストレスがたまると体のあらゆる部位に不調が起きるものです。ストレスは自律神経のバランスを乱し、代謝や内臓機能、ホルモンバランスなどに多大な影響を与えます。

自律神経を調整している要素の中に血液循環がありますが、自律神経がしっかりと機能しなくなると、食事などで摂取した栄養素や酸素が体内に行き渡りにくくなります。その結果、頭皮にも栄養が行き届かず薄毛が進行してしまうのです。

ストレスが薄毛に直接影響するかどうかははっきりと解明されていません。しかしストレスによる身体面・生活習慣の変化が抜け毛や薄毛につながる可能性があるため、注意が必要です。

AGAが進行するメカニズムを解説

AGAを発症してしまった人の中には「進行するメカニズムを知りたい」と考えている人もいらっしゃるでしょう。

そこで以下ではどのような流れで薄毛が進行していくのか、メカニズムを解説していきます。今後AGAの進行を食い止めたい人は参考にしてみてください。

①男性ホルモンの「テストステロン」がDHT(ジヒドロテストステロン)に変わる

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことにより、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛根にある毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると脱毛シグナルが出され、毛周期の成長期が終了してしまいます。

その結果、ハリやコシのあるしっかりとした髪の毛に成長する前に退行期に移行してしまうため、十分に育っていない細く短い毛髪が多くなることによって、全体として薄毛が目立つようになるのです。

②抜け毛を引き起こす「TGF-β」が増加する

男性ホルモンのジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体が結合することでうまれる脱毛因子が「TGF-β」です。

髪の毛は、毛乳頭に栄養を行き渡らせながら毛母細胞を分裂させることで、成長していきます。

しかしTGF-βが増えて活発になりすぎると、毛母細胞などの働きまでも抑制してしまうため、脱毛が起こるのです。これによりAGAが発症・進行します。

③増加した「TGF-β」が抜け毛を促進してしまう

TGF-βは、男性ホルモン受容体とジヒドロテストステロンが結合して増殖することで増えていきます。

TGF-βが増殖すると毛母細胞に抜け毛の命令を出してしまうため、ヘアサイクルの成長期が短くなりすぐに退行期に移行してしまうので、元気な髪の毛が育つ前に脱毛してしまうのです。

しかしTGF-βはAGAにとっては大敵ですが、私たちの身体にはなくてはならない因子なのでバランスがとても大事になります。

AGAを治療するための4つの方法を解説

AGAは何もせず放っておくと徐々に進行していきます。しかし「改善したいけど、治療方法がわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで以下では、治療するための4つの方法について解説していきます。これからAGAの対策をしたい方は参考にしてみてください。

1.抜け毛を予防する内服薬

引用元:オルガノン プロペシア錠

フィナステリドは2005年に日本国内初のAGA治療薬として「プロペシア」という商品名で発売された薬です。AGAの進行を遅らせる効果があり、脱毛の抑制が期待できます。

ただし、20歳未満での安全性や有効性は確立されておらず、女性が服用した場合には重篤な副作用が出る可能性があるため注意が必要です。フィナステリドは、成人男性のAGA治療に適した治療薬といえるでしょう。

フィナステリド配合の治療薬はプロペシアの他に、ジェネリック品で「フィナステリド錠」といった製品名で使われており、基本的にはジェネリック品のほうが安価になっています。

デュタリストは「ザガーロ」という名前で発売されている薬剤です。悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される過程に関与するとされています。基本的にはフィナステリドと同様に、AGAの進行を遅らせる効果が期待できる商品です。

Ⅰ型/Ⅱ型の5-α還元酵素をブロックすることで、より高い抜け毛防止の効果を期待できるとされています。

デュタステリド配合の治療薬もジェネリック品が登場しており、比較的安価な「デュタステリド錠」といった製品名で使われています。

関連記事

薄毛は20代から幅広い年代で悩まれる大きな問題です。この薄毛の原因となる「抜け毛」を抑える医薬品をご存知でしょうか。AGA(男性型脱毛症)の治療薬で、抜け毛を抑制する効果が期待できる成分が「フィナステリド」です。しかし、中には「フィ[…]

2.発毛を促すミノキシジルの外用薬・内服薬

引用元:AGAスキンクリニック

ミノキシジルは元々降圧剤として使用されていた「ロテイン」を服用した人に多毛症の副作用が見られたため、薄毛の治療薬として転用された薬剤です。

発毛効果が認められている薬剤で、毛母細胞の分裂を促し、発毛を促進することが特徴です。

外用薬は国からの認可が降りていれば、薬剤師在中のドラッグストア等でも購入できます。しかし内服薬は国から認可されていないため、AGA専門クリニックで処方してもらう必要があるので注意が必要です。

内服薬は副作用が出る可能性も考えられます。そのため、AGAクリニックで診療を受けてから服用しましょう。

関連記事

薄毛の治療薬には飲み薬や塗り薬といったように、いくつかの種類があります。その中でも「ミノキシジル」という薬を知っている方もたくさんいらっしゃいますよね。しかし「本当に効果があるか」「副作用や入手方法がわからない」などさまざまな疑問を[…]

3.メソセラピー

引用元:ベアAGAクリニック 診療案内

メソセラピー治療は、髪の成長に良い影響を与える薬剤成分を注射器などで頭皮に直接注入する治療法です。

最大のメリットは、一度にさまざまな薬剤成分を一気に頭皮に注入できるので、薬物療法と比べて作用するまでが早く、さまざまな成分が頭皮に直接アプローチできることだといわれています。

一方デメリットは、費用や定期的な通院が必要な点、毛包自体がなくなっている場合は効果が出ない点などです。

メリットだけでなくデメリットも確認しながら、治療を受けるか検討してみてください。

毛包の状態を自分で調査することはかなり困難です。そのため、専門医師の診察を受けて説明を聞いた上で治療の検討をおすすめします。

4.自毛植毛

引用元:AGAスキンクリニック

自毛植毛は、髪を生み出す皮膚組織ごと採取し、薄毛が気になる箇所に移植することで薄毛の解消をめざす治療法です。

自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部から「毛包」と呼ばれる組織ごと採取します。そのため移植した毛髪は再び生え変わり、その後も生え続けることが大きな特徴です。

また、自分の組織を採取して移植するので、頭皮や身体への負担は最小限に抑えられます。

定着して生え揃うまでは1年くらいと時間はかかりますが、一度定着してしまうと通常の毛髪と同様に生え変わることが可能です。その後のメンテナンスがほぼ不要で、ランニングコストは基本かかりません。

一方人工毛移植は、合成繊維で作成した人工毛を使用する植毛方法です。そのため、身体が異物と判断し拒絶反応を起こす可能性があります。

人工毛は伸びることがなく、抜け落ちた場合は生え変わりません。維持しようと思えば定期的なメンテナンスが必要になります。

初期費用は自毛植毛の方が高くなりますが、メンテナンス費用を踏まえると人工毛移植の方がランニングコストがかかる場合も考えられるでしょう。自分のライフスタイルに合った治療を選ぶことが重要です。

関連記事

育毛剤、発毛剤の様にランニングコストが発生する事が無く、一回の手術で半永久的に薄毛を解消するのが「自毛植毛」です。しかし「自毛植毛の仕組みがわからない」「どのクリニックに通ったら良いかわからない」という方もいらっしゃいますよ[…]

AGA治療におすすめなクリニック3選

クリニックフォアAGAオンクリAGAスキンクリニック
予防プラン
月額(税込)
初月:0円から
※クーポン適用,
フィナステリド処方のみ
次月:3,412円~
初月:0円
次月:3,000円~
初月:3,700円~
次月:6,200円~
発毛プラン
月額(税込)
9,163円~初月:0円
次月:9,000円~
15,400円
オンライン診療
クリニック東京7院/埼玉/大阪なし(完全オンライン)全国62院
解説詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

抜け毛が増えてるならAGAの可能性が考えられます。AGAになってしまうと、治療しなければ進行を抑えることはできません。市販の薬剤でも改善することは難しくなってしまうため、早い段階で医師の診断を受けましょう。

現在抜け毛予防・発毛効果のある外用薬や内服薬など治療法はたくさんあります。この記事では上記3つのクリニックを紹介していますので、自分のニーズに合ったところを探してみてください。

「クリニックまでは詳しく決まっていない」という方は、上記のおすすめ3選のクリニックを参考に、一度受診することをおすすめします。ここからは上のおすすめクリニックをそれぞれ紹介していくので、参考にしてください。

関連記事

「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする...」「治療を受けたいけれど、クリニックが多すぎてどこで治療を受ければ良いかわからない...」このようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。そこで、今回はAGA治療のク[…]

1.クリニックフォア【迷ったらおすすめの人気クリニック】

クリニックフォア
予防プラン処方薬:フィナステリド内服薬
料金:初月0円※クーポン適用の場合
2ヶ月目以降3,412円(定期配送)
発毛ライトプラン処方薬:フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬
料金:1ヶ月分 9,163円(定期配送)
発毛基本プラン処方薬:フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬+スカルプケアサプリ
料金:1ヶ月分 13,838円(定期配送)
発毛即効プラン処方薬:フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬+スカルプケアサプリ
+ミノキシジル外用
料金:1ヶ月分 23,188円(定期配送)
その他費用予約・診察料:0円(処方されない場合は1,650円)
薬の送料:1回550円
支払方法・クレジットカード
・GMO後払い(コンビニ、銀行、郵便局、LINE Payが利用可)
・代金引換
オンライン診療対応
店舗・東京(田町、新橋、飯田橋、有楽町、大手町、四谷、池袋)
・埼玉(大宮)
・大阪(心斎橋)
予約方法Web
返金制度全額返金制度あり
  • オンライン診療可能
  • 治療費が安い
  • 処方薬は最短当日に届く

クリニックフォア」は、東京、大阪を中心に国内9位で外来治療を行っています。

美容クリニックですがAGA治療の実績が多く、またオンライン診療をメインに行っています。診察には対面診察している専門医がオンライン診察を行ってくれます。

オンライン診察は、スマートフォンかPCから簡単に行えるのが魅力で、処方薬も最短で当日届くので忙しい人にとって嬉しいポイントです。

また、AGA治療は自費治療なので高額になるイメージですがクリニックフォアは他のクリニックと比べても比較的安い治療費で済みます。

全額返金制度もあることや、診察費が無料なので迷った際は専門医に相談してみましょう。

おすすめな人
  • 初めてAGA治療を受ける人
  • 通院するのが面倒な人
  • 自分は治療が必要か判断ができない人

クリニックフォアはオンライン診療で気軽にAGA治療を始めることができます。

そのため初めてAGA治療を受けようか検討している人に特におすすめです。薄毛を気にし始めたばかりで、自分ではどうしたらいいかわからない人が多いと思いますが、クリニックフォアの無料カウンセリングを受けることで専門医が丁寧に説明をしてくれます

一方でオンライン診療メインのためか、選べる治療法は投薬治療のみとなっています。メソセラピー・植毛などの施術が必要な治療法は取り扱っていません。

チェックポイント

※初月0円で始める場合、申し込みページに表示されている「クーポンコード」を入力してください。クーポンを入れ忘れると0円にならないので注意しましょう。

関連記事

AGA治療には様々な方法がありますが、できることならばオンラインで完結する治療が受けられればそれに越したことはないと思います。そこで今回はオンラインでAGAの治療が受けられる「クリニックフォア」というAGAクリニックをご紹介していき[…]

治療実績【クリックで開きます】

【症例写真に関する情報の提供について】
フィナステリドとミノキシジルやサプリ、外用薬をご利用頂く治療方法での結果となります。
【副作用について】
◆ミノキシジル:血圧低下や心拍数の増加・頭痛やめまい・体重増加・手足のむくみ
◆フィナステリド:食欲不振、抑鬱感・かゆみ、蕁麻疹・性欲減退・ED
【費用と期間について】
期間は症例ごとに記載しておりますが、効果を実感頂くのには平均して4~10ヶ月程度の期間がかかります。費用に関しては、期間やプランによって異なりますが、平均月10,000円~15,000円程度の方が多いです。

引用元:クリニックフォア

2.AGAオンクリ【24時間診療対応のオンライン專門クリニック】

AGAオンクリ
薄毛予防プラン
-パッケージプランD-
処方薬:フィナステリド内服薬
料金:初月0円・2ヶ月目以降3,000円~4,000円(契約期間で変動)
AGA初期プラン
-パッケージプランA-
処方薬:デュタステリド内服薬
料金:初月0円・2ヶ月目以降6,000円~7,000円(契約期間で変動)
発毛プラン
-パッケージプランB-
処方薬:デュタステリド内服薬+ミノキシジル内服薬
料金:初月0円・2ヶ月目以降9,000円~11,000円(契約期間で変動)
積極発毛プラン
-パッケージプランC-
処方薬:デュタステリド内服薬+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル塗り薬
料金:初月0円・2ヶ月目以降15,000円~18,000円(契約期間で変動)
積極発毛プランW
-パッケージプランH-
処方薬:デュタステリド内服薬/ミノキシジル内服薬×2
+ミノキシジル塗り薬
料金:初月0円・2ヶ月目以降19,000円~23,000円(契約期間で変動)
その他費用カウンセリング・診察料:0円
送料:記載なし
支払方法クレジットカード
オンライン診療対応(完全オンライン)
予約方法Web
返金制度全額返金保証あり
  • リピート率92.8%
  • 初月無料で始められる
  • 24時間対応

AGAオンクリ」は、オンライン診療特化のAGA専門クリニックです。365日24時間いつでも、「予約」「カウンセリング」「診療」「処方」が可能なので通院が難しい人に嬉しいポイントです。

夜遅くまで診療対応しているクリニックはいくつかありますが、深夜帯・早朝まで診療対応しているクリニックはほとんどありません。

治療費は、全プラン初月無料、翌月以降は最安で3,000円(税込)からとなっているので治療を続けてく上で気軽に治療を続けていけます。

おすすめな人
  • 仕事やプライベートが多忙な人
  • 値段を抑えたい人
  • 住まいの近くに専門クリニックがない人

AGAオンクリは24時間365日いつでも診療に対応しているのが大きなメリットです。

そのため日中に開院しているクリニックに通院するのが難しい、夜間・早朝しか余裕のある時間がない人に特におすすめです。

治療費も他のクリニックと比べて、安いのでコスト面を気にしている人にもおすすめなクリニックとなっています。

関連記事

「最近、薄毛が気になるのでAGA治療を受けてみたいけれど、クリニックが多すぎて、結局どこが良いのかわからない」「AGA治療のクリニックに入るところを誰にも見られたくない」「受付の人が異性だと診察に行く際に恥ずかしい...」[…]

治療実績【クリックで開きます】

引用元:AGAオンクリ

3.AGAスキンクリニック【全国60院以上の大手AGAクリニック】

AGA治療 料金表
予防・AGAの進行を遅らせたい方処方薬:ジェネリック医薬品 フィナステリド錠1mg
料金:初回3,700円~ 2回目以降6,200円~/月
——————
処方薬:プロペシア(フィナステリド)
料金:初回4,600円 2回目以降7,700円/月
——————
処方薬:ザガーロ(デュタステリド)
料金:初回5,300円 2回目以降9,500円/月
発毛を希望の方処方薬:オリジナル発毛薬Rebirth
(フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬)
料金:15,400円/月
効果的な発毛を希望の方処方薬:オリジナル発毛薬Rebirth
(フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル外用薬+サプリメント)
料金:38,500円/月
来院せずに薄毛治療をしたい方オンライン診療
料金:3,800円~/月
より効果的な発毛を希望の方処方薬:オリジナル発毛薬Rebirth
(フィナステリド内服薬+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル外用薬+サプリメント)
+Dr’sメソ治療2cc
料金:オリジナル発毛薬38,500円/月+Dr’sメソ治療2cc55,000円/1回
その他費用初診料:0円
血液検査:0円
支払方法・クレジットカード
・口座振込
オンライン診療対応
店舗全国62院
予約方法電話、Web
返金制度全額返金制度あり
  • 全国60院以上展開している
  • 駅チカのクリニック
  • 夜22時まで診療

AGAスキンクリニック」は全国60院以上クリニックを構えている大手AGA専門クリニックです。

全国の主要都市にほぼクリニックがあり、駅チカで通いやすいことから外来実績は70万人を超えています。また全ての院ではありませんが、夜22時まで診療しているので、仕事終わりなどの場合でも問題なく通院することができます。

プライバシーにも配慮されており、どの院でも完全個室を導入しています。

おすすめな人
  • 対面で診察をしてほしい人
  • 通える範囲に院がある人
  • 仕事終わりに通院したい人

AGAスキンクリニックは全国の主要駅近くにクリニックがあるので、通院メインでAGA治療を受けたい人におすすめです。

多くのクリニックは遅くても20時までの診療になっていることがほとんどの中で、特に22時まで診療している院があるのは魅力的です。仕事が忙しい人でも平日に通院することができます。

通える範囲内にAGAスキンクリニックがある場合は検討してみてください。

関連記事

AGAスキンクリニックは、治療プランが豊富にあります。予防だけできればいいという場合でも、発毛促進を急ぐ場合であっても対応したプランがあります。さらに「Rebirth」という独自の治療薬を使用しているので、他のクリニックのアプローチ[…]

治療実績【クリックで開きます】

引用元:AGAスキンクリニック

まとめ

今回の記事ではAGAについて詳しく解説しました。

成人男性が発症する脱毛症のことで、主に生え際や頭頂部が薄くなり徐々に進行していく疾患です。

AGAの発症には男性ホルモンと遺伝が大きく関わっており、改善するには投薬治療やメソセラピー、移植手術を受ける必要があります。

自分がAGAなのか気になる方や治療していきたいという方は、AGAクリニックを受診することをおすすめします。

関連記事

「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする...」「治療を受けたいけれど、クリニックが多すぎてどこで治療を受ければ良いかわからない...」このようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。そこで、今回はAGA治療のク[…]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAが原因で前髪は薄くなる?判別方法と改善方法を解説

「最近、前髪のボリュームがなくなってきた」 「おでこが広くなってきた……」 前髪は、目につきやすい部分なので薄毛に悩んでいる方は、上記のような悩みが特に気になってしまうと思います。 また、この症状はAGAかもしれないと不安に思っている方も多いのではないでしょうか。前髪が薄くなる原因はAGAだけではあ […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGA治療は皮膚科でも可能?皮膚科での治療方法と特徴を解説

「AGAの治療を受けたいけど、どこで診断できるの?」 「皮膚科でもAGA治療はできるの?」 AGA治療を検討している方で、これらの悩みがあるためなかなか治療に踏み込めない方も多いと思います。 結論から述べると、皮膚科でAGAクリニックの治療を受けることは可能です。しかし、AGA専門のクリニックと比較 […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAの抜け毛の特徴とは?見分ける方法と対処法を解説

「最近抜け毛が多い気がする…」 「親戚に薄毛の人が多いけれど、自分は大丈夫だろうか…」 など不安な方は多いと思います。そこで今回は AGAを発症している人の抜け毛の特徴 自身がAGAかどうか判別する方法 AGAを発症するとなぜ毛が抜けるのか などについてお話ししていきます。 […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGA治療で使う「塗り薬」の効果・副作用と入手方法を解説

AGA治療は「内服薬(飲み薬)」と「外用薬(塗り薬)」を用いるのが一般的です。 それぞれ用途や効果は異なるので、しっかりと把握した上で目的を持って利用することが大切です。 今回はAGA治療で使う塗り薬(外用薬)の効果や副作用、入手方法について解説していきます。 AGA治療で使う塗り薬「ミノキシジルの […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAの治療費は医療費控除の適用外?仕組みと理由を解説

AGA治療を受けるにあたって「費用を抑えること」は重要です。 AGAは進行性の病気であり、完治という概念が存在しないので、治療期間は長期にわたります。毎月1,000円でも500円でも抑えたいものです。 そこで気になるのは「AGA治療は医療費控除の対処になるのか?」ということです。本記事では AGA治 […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

脱毛症とは?様々な脱毛症の種類と原因、対処法を解説

髪が抜ける原因は実は1つだけではありません。 脱毛症にはさまざまな種類があり、ほぼ全ての脱毛症に対処法があります。 そこで今回は脱毛症の種類についてご紹介しつつ、原因や対処法について詳しくご紹介していきたいと思います。 そもそも「脱毛症」とは? 脱毛症とはその名の通り、自身が生えることを期待していた […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要性と分かる事を解説

「AGA治療にどうして血液検査が必要なの?」 「AGA治療で血液検査に必要な費用は?」 AGA治療のためクリニックを受診すると、血液検査を受けることになります。しかし、上記のような疑問を感じた方は多いかと思います。 血液検査を受けることで、AGAに関するたくさんの情報を得ることができます。そのため、 […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAと遺伝の関係性について解説|母型が薄い人は要注意

「AGAが遺伝するって聞いたことあるけど本当?」 「AGAが遺伝する確率はどれくらい?」 家族に薄毛の方がいる場合、子どもや孫に薄毛が遺伝する確率は高いと言われています。将来AGAが発症して薄毛になってしまうのではと不安に思っている方も多いかと思います。 AGAは遺伝する可能性が高く、母方の家系に薄 […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAは完治しない薄毛症状?AGAとの付き合い方について

「AGAは完治しないと聞いたけど本当?」 「AGAを発症してしまうと薬は一生継続しないといけない??」 AGAを発症してしまった方や薄毛に悩んでいる方は、上記のような不安を抱えている方も多いかと思います。 これからAGA治療を始める方は、いつ頃治療を終えられるか、薬はどのくらい継続する必要があるので […]

  • 2022年11月30日
  • 2022年12月5日

AGAの発症割合を解説|AGAかも?と思った時の確認方法と対策について

「AGAの発症割合を知りたい」 「自分がAGAがどうか確認する方法はあるの?」 もしかしたらAGAかもと薄毛にお悩みの方は、本当にAGAにかかったのかどうか、薄毛の人はどのくらいの割合でAGAを発症するのかと気になる方も多いかと思います。 AGAは、薄毛に悩む男性の多くの方が発症すると言われています […]