グロースファクター再生医療法とは?施術方法からメリット・デメリットまで解説

毛髪の成長によってAGA症状が改善できる「グロースファクター再生医療法」。

グロースファクター再生医療法の施術を検討していても、施術内容やメリットについて知らない人も多いのではないでしょうか。

グロースファクター再生療法は複数のたんぱく質を頭皮に注入し、育毛や髪の毛を太くする作用が期待できる術式です。

そこで、今回はグロースファクター再生医療法の施術方法からメリット・デメリットまで詳しく解説します。

グロースファクター再生医療法が気になるという方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

グロースファクター再生医療法とは?

グロースファクター再生医療法とは、発毛を促進する複数の成長因子を頭皮に注入する施術です。

成長因子の種類によって、「細胞分裂を活発化」「休止期の細胞を活性化」「血流の促進」などの効果が得られます。

また、「ダーマスタンプ法」「フラクショナルレーザー法」などの術式によって、麻酔は不要で施術が受けられます。

5種類から6種類程度の成長因子を使用し、薄毛の症状に合わせた成分を効率的に投入可能です。

そして、一部の専門家による意見として、グロースファクター再生医療法によって毛髪を太くする作用が期待できると言われています。

グロースファクター再生医療法で髪が生えてくるメカニズム

グロースファクター再生療法のメカニズムとして、育毛効果が得られる細胞成長因子(グロースファクター)を直接頭皮に注入し、育毛効果が得られる仕組みです。

また、細胞成長因子(グロースファクター)は、成長ホルモンを活性化する成分です。

細胞成長因子は加齢などの影響によって減少し、細胞成長因子の減少によってAGAが発症すると考えられています。

グロースファクター再生療法によって細胞成長因子を直接頭皮に注入し、毛髪に関する細胞の成長が期待できます。

グロースファクター再生医療法で主に用いられる成長因子一覧

成長因子成長因子の特徴
ケラチノ細胞増殖因子(KGF)
  • ケラチンの生成を補助する
  • 毛髪を構成するタンパク質の約90%を占めている
肝細胞増殖因子(HGF)
  • 活動を休止している細胞を活性化できる
  • 血行が改善できる
インスリン様成長因子(IGF-1)
  • 細胞分裂を活発化させる
  • 毛髪を太くする作用がある
線維芽細胞増殖因子(bFGF)
  • 頭皮の血流を促進し、栄養が補給できる
血管内皮細胞増殖因子(VEGF)
  • 毛髪の成長を促進できる
  • 毛細血管が増加し、毛髪に栄養が届く

ここでは、グロースファクター再生医療法で主に用いられる成長因子について解説していきます。

グロースファクター再生医療法は、主に5種類の成長因子を注入する術式です。

「育毛に関わるケラチン生成の補助」「活動休止中の細胞を活性化」「頭皮の血流促進」など、成長因子によって得られる効果が異なります。

ケラチノ細胞増殖因子(KGF)

ケラチノ細胞増殖因子は、ケラチンの生成を補助する成長因子です。

ケラチンは、毛髪を構成するタンパク質の約90%を占めている成分です。

ケラチンが働くことによって、毛髪や爪の形成が効率的に進められます。

また、グロースファクター再生医療法の発毛において、ケラチノ細胞増殖因子は最も重要視されている因子です。

ケラチノ細胞増殖因子を補充することで、発毛効果が期待できます。

肝細胞増殖因子(HGF)

肝細胞増殖因子(HGF)は肝細胞増殖因子を取り入れ、活動休止中の細胞を活性化できる成長因子です。

また、細胞の増殖効果が得られるため、毛髪の成長を促進できます。

他には、血行改善にも関与していると言われており、細胞に酸素と多くの栄養を供給します。

インスリン様成長因子(IGF-1)

インスリン様成長因子は損傷後の細胞再生をサポートし、細胞分裂を活発化する成長因子です。

また、毛周期の成長期を促進する効果も大きいと言われています。

他には、毛髪を太くする作用がある点についても、一部の専門家の意見として挙がっています。

線維芽細胞増殖因子(bFGF)

線維芽細胞増殖因子は主に血管に作用し、細胞分化や増殖をコントロールする成長因子です。

また、既存の血管から新しい血管を形成する「血管新生作用」を有しています。

頭皮の血流を促進することで、毛包内に栄養を補給できます。

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)は、新しい血管の形成作用「新生血管」がある成長因子です。

毛細血管が増加することで、毛髪に栄養素が届きやすくなります。

グロースファクター再生医療法の主な4つの施術方法

施術方法施術方法の特徴
エレクトロポレーション法
  • イオン化できない成分や分子量の大きい成分を浸透可能
  • 毛根までムラなく成分を届ける
  • 施術後の痛みや腫れはほとんどない
ダーマスタンプ法
  • 極小の穴から毛根周辺まで成長因子が浸透する
  • 麻酔は不要で施術できる
フラクショナルレーザー法
  • 休止期の毛髪が育毛できる
  • 施術で毛髪がダメージを受けない
  • 麻酔は不要で施術できる
メソジェット注入法
  • 有効成分を頭皮の皮膚層まで浸透できる
  • 施術時に針は不使用なため、皮膚を傷めない

ここでは、グロースファクター再生医療法の4つの術式方法について解説していきます。

グロースファクター再生医療法のメリットとして、麻酔は不要で施術できる術式の多さが挙げられます。

また、毛根周辺まで成長因子が浸透し、痛みの強い治療を避けつつ育毛できますよ。

エレクトロポレーション法

エレクトロポレーション法とは皮膚に特殊な電流を与えることで、皮膚内部のバリア機能に隙間に成分因子を投入する術式です。

エレクトロポレーション法は美容分野における美肌治療やシミ、肝斑治療など幅広い症状に使用されています。

また、エレクトロポレーションの有効成分は浸透しやすく、イオン化できない成分や分子量の大きい成分も浸透可能です。

特殊な電流を用いることで一定のパワーで頭皮内へ成分を浸透でき、毛根までムラなく成分を届けます。

エレクトロポレーション施術後の痛みや腫れはほとんどなく、患者の負担が大幅に軽減できます。

ダーマスタンプ法

ダーマスタンプ法は極微細のステンレススチール針が付いたダーマスタンプを用いて、頭皮に軽く押し当てる術式です。

極微細の針を頭皮に軽く押し当て、無数の極小の穴に液状の成長因子を塗布します。

毛根周辺まで成長因子が浸透するため、薄毛の改善が可能です。

また、基本的に麻酔は不要で施術できますが、痛みが気になる人は「頭皮塗布用の麻酔」「神経付近に注射するブロック麻酔」を取り扱うクリニックもあります。

施術前に担当医に相談することで、安心感を持ってダーマスタンプ法の治療を受けられますよ。

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザー法は点状の極小レーザービームを高密度に照射し、頭皮に熱損傷を与えて休止期の毛髪を育毛できる術式です。

極小レーザービームはメラニンに反応しないため、施術によって毛髪へダメージを与えません。

また、頭髪の毛根部分における幹細胞や毛乳頭を刺激し、発毛促進の効果が得られます。

レーザー照射時にチクチクした刺激を多少感じますが、麻酔は不要で施術を受けられます。

月1回から月2回のペースで半年間施術することで、育毛効果が実感できますよ。

メソジェット注入法

メソジェット注入法は育毛に有効なミノキシジルや成長因子を、高速で頭皮に直接吹きかける術式です。

注入後の有効成分は頭皮の皮膚層まで浸透し、注射器から成長因子を注入するメソセラピー治療と同等の効果が得られます。

また、施術時に針は不使用なため頭皮を傷めず、施術後に当日のシャンプーも可能です。

頭皮が敏感なため、痛みの強い治療を避けたい人におすすめですよ。

グロースファクター再生医療法とHARG療法の違い

メリットデメリット
グロースファクター再生医療法
  • 5種類から6種類の成長因子を使用
  • 患者に合わせて成分変更が可能
  • 5種類から6種類の厳選した成長因子を使用
  • クリニックによって、発毛効果が異なる
HARG療法
  • 150種類以上の幅広い成分を投与
  • 発毛後の毛髪を丈夫に育てる
  • 100万円以上の施術費用がかかるケースもある
  • 費用対効果が高いとは限らない

グロースファクター再生医療法とHARG療法の違いとして、「成長因子数」「費用」「効果」「クリニックにおける自由裁量の有無」などの点が挙げられます。

グロースファクター再生医療法の施術において、5種類から6種類程度の成長因子を使用します。

一方で、HARG療法の成長因子は150種類以上となっていて、幅広い成分を投与する分、100万円以上の施術費用がかかるケースもあります。

また、グロースファクター再生医療法は、各クリニックの自由裁量によって、成分変更や改良が可能な術式です。

対して、HARG療法の成長因子は決まっており、患者に合わせて成分変更ができません。

現状の症状に合う成分因子を投与できるクリニックを選定することで、費用を抑えて大きな発毛効果が得られます。

継続的な施術は費用がかかるため、症例実績の多さをもとに最適なクリニックを選びましょう。

グロースファクター再生医療法の3つのメリット

ここでは、グロースファクター再生医療法の3つのメリットについてご紹介していきます。

グロースファクター再生医療法は、施術費用を低価格に抑えられる施術法です。

また、薄毛の進行度に合わせて、各院によって症状別にオプション追加ができます。

そして、一部の専門家による意見として、グロースファクター再生医療法を施術することで、毛髪を太くする作用が得られると言われています。

1、施術費用を低価格に抑えられる

グロースファクター再生医療法は、施術費用を低価格に抑えられる施術法です。

毛髪再生に特化した成長因子のみを投与し、HARG療法の3分の1から2分の1程度の費用で治療が受けられます。

また、効果の実感までに6ヵ月以上の継続的な治療が必要です。

初期費用以外の負担は軽減できるため、長期的な通院まで視野を広げることで、リーズナブルな料金を実現できますよ。

2、各院によって症状別にオプション追加が可能

グロースファクター再生医療法は患者の体質や脱毛パターン、薄毛の進行度に合わせて、オプションが追加できる術式です。

ビオチン不足が原因による白髪なら、成長因子の投与と同時にビオチンのサプリメントを処方してもらえます。

亜鉛不足によって毛髪の成長が妨げられているなら、亜鉛配合サプリメントを併用できます。

各患者の症状をかかりつけの医師に相談することで、自分に合った治療法が受けられますよ。

3、髪の毛を太くする作用が期待できる

一部の専門家による意見として、グロースファクター再生医療法は毛髪を太くする作用が期待できる術式です。

現時点において断定的な見解ではありませんが、グロースファクター再生医療法で取り入れた成長因子によって、毛髪がボリュームアップできる可能性があります。

また、加齢の影響によって、育毛に関わる細胞成長因子は減少します。

グロースファクター再生医療法の施術によって細胞成長因子を補充でき、増毛や毛髪のボリューム感を実現できますよ。

グロースファクター再生医療法の2つのデメリット

ここでは、グロースファクター再生医療法の2つのデメリットについてご紹介していきます。

グロースファクター再生医療法は、毛髪効果の実感に6ヵ月以上かかる術式です。

また、「拒絶反応やアレルギー」「感染症」「赤みや熱感による腫れ」など、施術後に副作用の発生リスクがあります。

1、毛髪効果の実感に6ヵ月以上かかる

グロースファクター再生医療法は、毛髪効果の実感に6ヵ月以上かかる術式です。

早ければ3ヵ月程度から効果を実感できますが、効果の得られる治療期間に個人差があります。

6ヵ月以上の継続的な治療を長期的に続けることで、発毛効果を実感できますよ。

2、施術後における副作用のリスクがある

グロースファクター再生医療法は「拒絶反応やアレルギー」「感染症」「赤みや熱感による腫れ」など、副作用の発生リスクがある術式です。

また、グロースファクター再生医療法の施術後に、急激な初期脱毛による副作用も過去に症例があります。

副作用のリスクを最小限に抑えるためにも、施術後の気になる症状について担当医へ相談する姿勢が大切です。

まとめ

今回は、グロースファクター再生医療法とは?施術方法からメリット・デメリットまで解説をご紹介しましたがいかがでしたか?

グロースファクター再生療法は複数のたんぱく質を頭皮に注入し、増毛や髪の毛を太くする作用が期待できる術式です。

また、5種類から6種類程度の成長因子を使用し、リーズナブルな料金で育毛が期待できます。

現状の症状に合う治療が受けられるクリニックを選定することで、費用を抑えて発毛効果が得られますよ。