育毛剤は効果あり?期待できる効果&効果を実感できる期間について解説

育毛剤は薄毛に悩む人や薄毛を予防したい人におすすめです。しかし「どのような効果があるか、効果を期待できるまでの期間はわからない」という方は多くいらっしゃるでしょう。

この記事では、育毛剤がどのような効果をどれぐらいの期間でもたらすのかを解説していきます。あわせて薄毛で悩む人が使用する「発毛剤」について「育毛剤」と比較しながら解説していきますので、最後まで読んでみてみてください。

育毛剤を使うことで期待できる3つの効果を解説

育毛剤の導入を検討している方の中には「なんとなく髪が生えそうだから」という理由の方もいらっしゃいますよね。ですが実際のところ育毛剤には「髪の毛を増やす」という効果は確認されていないものがほとんどです。

育毛剤を使用することで期待できる効果は上にあげた3点があります。

せっかくの育毛剤を無駄にしてしまわないように、どんな効果があるのかを理解することが大切です。ここでは育毛剤を使うことで期待できる3つの効果について、具体的に解説していきます。

①抜け毛を防止・予防する

効果が期待できる成分
  • センブリエキス
  • D-パントテニルコール
  • t-フラバノン

育毛剤は「抜け毛防止・予防」の効果が期待できます。抜け毛を防止する為には現在ある髪に栄養をつけたり、頭皮の血流を良くしたりする必要がありますが、育毛剤を使用するとこれらの問題が解決される可能性があるのです。

抜け毛を防止・予防などの効果が期待できる成分の一例を上にあげたので、これから購入される方は参考にしてみてください。

センブリエキスは植物から抽出した成分です。センブリエキスに含まれる苦味成分は局所血管拡張作用があり、血流の促進効果が認められています。頭皮の血行を促進し栄養や酸素の供給がスムーズに行われると抜け毛の防止・予防の効果が期待できます。マッサージ料やフェイスパック、洗顔料などにも使われる成分のため、比較的身近な成分といえるでしょう。

D-パントテニルコールはビタミンの一種で、代謝を促進させる作用や細胞活性化作用、保湿作用が期待できる成分です。この成分にはタンパク質などからのエネルギー生成を促進させる効果が期待できると言われています。タンパク質でできている私たちの髪にハリ・ツヤを与え、抜け毛の防止・予防効果が期待できるのです。

また、t-フラバノンは抜け毛の原因とされるTGF-βを抑制し、抜け毛を抑える作用や髪の毛を太くする効果が期待できると言われています。

以上のように抜け毛を防止・予防する効果がある育毛剤にはさまざまあり、抜け毛予防ができる成分が入っていると薄毛が予防できるのです。

②頭皮環境を整えて清潔に保つ

効果が期待できる成分
  • ピロクトンオラミン
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • クジン抽出液

育毛剤は「頭皮環境を整えて清潔に保つ」効果も期待できます。頭皮が乾燥・炎症していたり、汚れたりしていると頭皮環境が悪くなってしまいます。そのため、育毛剤を使用して頭皮環境を整え、清潔に保つ必要があるのです。

育毛剤に含まれる成分の中で頭皮環境を整える効果が期待できるものは、上のようなものがあります。

ピロクトンオラミンは有機化合物の一種で殺菌作用がある成分です。ふけ防止に効果的な成分でシャンプーなどにも含まれています。頭皮の皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮の環境を整えるといわれています。

グリチルリチン酸ジカリウムは、植物から抽出した成分です。抗炎症・抗アレルギー作用などがあり、頭皮のフケ、痒み、ニキビなどを防ぐ効果が期待できます。

クジン抽出液は植物から抽出した成分です。抗菌作用・5αリダクターゼ抑制作用があり、頭皮環境を清潔に保ち、5αリダクターゼを抑制する事で抜け毛防止にもつながります。

抜け毛を防ぐには頭皮環境を清潔に保つ必要があり、上記のような成分が入っていると頭皮環境を改善できるのです。

③髪が成長するのを助ける

効果が期待できる成分
  • パントテニルエチルエーテル
  • センブリエキス
  • D-パントテニルコール

育毛剤は頭皮の血行を良くし、髪が成長するのを助ける効果が期待できます。髪の毛が成長するのを助ける効果が期待できる成分は上にあげたようなものがあります。

パントテニルエチルエーテルは水に溶けやすい性質を持つビタミンB群です。頭皮や髪に栄養を与え、頭皮環境を整えて髪が生えやすい環境を作ります。

センブリエキスは抜け毛予防だけでなく、髪の成長促進も期待できます。エキスに含まれる成分は局所血管拡張作用があるため、血流の促進効果が認められているのです。頭皮の血行を促進し、栄養や酸素のスムーズな供給が期待できるため、センブリエキスが入っている育毛剤を使用しましょう。

D-パントテニルコールはビタミンの一種で代謝を促進させる作用、細胞活性化作用、保湿作用がある成分です。髪はタンパク質でできており、D-パントテニルコールはタンパク質などからのエネルギー生成を促進させる効果がありますので髪にハリ・ツヤを与える効果が期待できます。

育毛剤はどのくらいの期間使えば効果が実感できる?

育毛剤は塗ってからすぐに髪の状態が改善するものではありません。育毛剤の効果を実感するのは人によって個人差はありますが、3ヶ月〜6ヶ月程かかると言われています。

発毛には「成長期」「退行期」「休止期」の発毛サイクルがあり、過度な抜け毛はこのサイクルが乱れることが原因の一つです。育毛剤に即効性はなく、発毛サイクルを正常に戻す効果が期待できます。

効果が期待できるまで3ヶ月〜6ヶ月かかりますが1ヶ月〜2ヶ月で「効果が出ない」と育毛剤の使用をやめてしまうと効果が期待できません。効果を実感するには時間がかかるという事を理解しておきましょう。

「育毛剤」と「発毛剤」では期待される効果が異なる

育毛剤発毛剤
商品の分類医薬部外品医薬品
使用の目的
  • 今ある髪を健康的にする
  • 髪のボリュームを改善する
  • 抜け毛を予防する
  • 新たに髪を増やす
  • 育毛を促進する
主な有効成分
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • ミノキシジル
  • フェナステリド
  • デュタステリド
おすすめな人
  • 今ある髪を健康に保ちたい人
  • 髪のボリュームが気になる人
  • 新たに髪を増やしたい人
  • 髪の本数自体が少ない人

薄毛に悩む人が使用する「発毛剤」「育毛剤」ですが、同じような効果が期待できると思っている方も多いかと思います。

しかし、育毛剤と発毛剤の効果には大きな違いがあります。これらの違いを理解して使わないと期待した効果は得られないため、購入前に必ず確認しておきましょう。

そもそも「育毛剤」は医薬部外品に分類されます。主な効果は頭皮や髪に栄養を与えたり、頭皮環境を清潔にしたりする効果が期待できます。一方「発毛剤」は医薬品に分類され、新しい髪を生やす発毛成分を含んでいる薬剤です。

発毛剤は価格が安くても数千円からで、病院やクリニックで処方されないと使用できません。また、発毛剤には医学的に効果が認められた成分が含まれており、特に医薬品の発毛剤にしか含まれない「ミノキシジル」という成分は発毛効果が認められています。

さらに日本皮膚科学会ガイドラインの調査によると、924名を対象にした育毛剤の試験で発毛効果があったというデータが残されています。

このように育毛剤と発毛剤では効果が異なりますので、目的に合わせた使い方をしましょう。

参照元:日本皮膚科学会ガイドライン

育毛剤を効果的に使うために気をつけたい3つの注意点

「まずは試しに育毛剤を使ってみたい」「薄毛予防として購入したい」などの理由で育毛剤を購入する方もいらっしゃいますよね。しかし、注意点を押さえて使用しなければ期待する効果を実感できない可能性があります。

育毛剤は他の頭皮治療と比較すると安価ですが、長期間使用し続けるものです。そのため、適当に購入して使ってしまうと費用だけでなく時間も無駄になってしまいます。実際に購入し、これから使用する方は以下で紹介する3つの注意点を押さえた上で使うことをおすすめします。

①途中で中断せずに長期間継続して使用する

上の項でも触れましたが、育毛剤を使用するときは途中で中断せずに長期間継続して使用する必要があります。育毛剤は1〜2ヶ月で効果が現れるような即効性は期待できません。育毛剤の効果が期待できるのは3ヶ月〜6ヶ月と言われているため、長期継続を前提に購入しましょう

また薄毛に悩み育毛剤を使い始めて最初の1本(1ヶ月くらい)使い切っただけで「効果がない」とやめてしまう方もいますが、これでは何度買い換えても効果を実感できない可能性が高いです。発毛サイクルを整えるためには3ヶ月〜6ヶ月掛かりますので、長期間付き合うことを理解した上で使い始めましょう。

②赤み・かぶれなど頭皮に異常がある場所には使わない

育毛剤を使用する際は「赤み」「かぶれ」などと言った頭皮に異常がある場所には使わないようにしましょう。赤みやかぶれなど肌の異常がある箇所に育毛剤を使用すると肌の症状が悪化する可能性があり、育毛剤の効果は期待できません

また、育毛剤を使用する中で「赤み」や「かぶれ」など肌に異常が出る事があります。その場合は育毛剤の副作用が考えられますので、すぐに使用を中止して病院で診てもらいましょう。

副作用がある場合、育毛剤の成分に自分のアレルギー成分が含まれている可能性が考えられます。病院に受診した際には「アレルギー検査」を受け、育毛剤を再度使用する前に自分の持つアレルギーを確認することをおすすめします。

③育毛剤ごとの使用方法を守って使う

育毛剤は使用方法を守って使うことで、効果が期待できます。早く薄毛を防止・予防したいという気持ちから使用方法を守らず規定の量や回数を多くしても効果は実感できません

使用量や使用回数を多くすると頭皮の毛穴が塞がり、成分が正しく吸収されない可能性があります。また、副作用のリスクも高めます。育毛剤の説明書をよく読み、使用量や使用頻度を守りましょう

育毛剤をたくさん使うからといって薄毛が改善するとは限りません。効果が薄れることや副作用のリスクを考慮すると説明書に従うのが一番無難でしょう。

まとめ

この記事では育毛剤を使用した際に期待できる効果についてご紹介しました。育毛剤は「血行促進」「頭皮環境改善」「髪の成長を助ける」などの効果がありますが、成分によって得られる効果が違います。育毛剤を選ぶときは自分が得たい効果を明確にし、効果が期待できる成分が入っている育毛剤を使用しましょう。

育毛剤は塗布してすぐに効果を実感できるものではありません。あくまでも長期継続を前提にした上で、数ヶ月間使い続けることをおすすめします。また、育毛剤と発毛剤は効果が全く異なります。「頭皮の環境を改善したい・抜け毛を予防したい」このような方は育毛剤を使用しましょう。

育毛剤は他の頭皮治療と比較すると安価ですが、長期間使用し続けるものです。そのため、適当に購入して使ってしまうと費用だけでなく時間も無駄になってしまいます。実際に購入し、これから使用する方は上記で紹介した3つの注意点を押さえた上で使うことをおすすめします。