育毛剤の選び方は?注目したいポイント&おすすめ商品を解説

抜け毛が気になり、育毛剤を使い始める人は多いでしょう。

早いうちから手を打つことで、毛髪の健康を維持し将来起こるかもしれない薄毛・抜け毛が予防され髪が元気になった人がいる一方で、育毛剤の効果を感じられない人もいます。もしかすると、育毛剤の選び方に原因があるかもしれません。

しかし育毛剤はたくさんの種類があり、何を基準に選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では「育毛剤の選び方がわからない」という方に向けて、育毛剤を選ぶポイントや使い方を解説していきます。

自分に合った育毛剤の選び方│注目したい5つのポイント

「種類がありすぎて自分にあった育毛剤がどれかわからない」という方もいらっしゃいますよね。育毛剤は肌や価格など様々な要素を自分のニーズにあったものにすることで、より良い効果を実感できます。

ここからは育毛剤を選ぶ際に注目したいポイント5選について詳しく解説していきます。育毛剤をこれから購入する方は以下5つのステップに沿って選んでみてください。

有効成分に注目して育毛剤を選ぶ

有効成分
抜け毛を予防する成分
  • ノコギリヤシ
  • ヒオウギエキス
  • 冬虫夏草エキス
頭皮環境を整える成分
  • アセチルグルコサミン
  • 酢酸トコフェロール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ヒノキチオール
血行をよくする
  • L-アルギニン
  • アセチルデカペプチド‐3
  • T-フラバノン

育毛剤に配合されている成分はたくさんあります。その中から自分の症状に合わせてどの成分が必要か選んでみましょう。まず抜け毛を予防する有効成分で代表的なものはノコギリヤシ、ヒオウギエキス、冬虫夏草エキス等があげられます。

抜け毛は脱毛を促す悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響で髪に栄養が届かず痩せてしまい、ヘアサイクルが乱れるのが一般的に男性に多い原因とされています。

まずは抜け毛を減らしたいと考えている方はDHTそのものや、5-αリダクターゼ(男性ホルモンの一種)を抑制する育毛成分が配合されている育毛剤を選ぶようにしてみましょう。

次に頭皮環境を整える成分で代表的なものはアセチルグルコサミン、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオールなどが挙げられます。頭皮の汚れは皮脂を生み出し、頭皮環境を悪化させるだけでなく、毛根の炎症を引き起こしフケやかゆみの原因となる事があります。

最後は頭皮の血行をよくする成分で代表的なものはL-アルギニン、アセチルデカペプチド‐3、T-フラバノン等が挙げられます。髪の毛は、毛細血管(頭皮の下)から栄養を受け取り、毛根にある毛母細胞で作り出される事により伸びていきます。

ただし、毛細血管は生活習慣の乱れや加齢によって流れが悪くなり、毛母細胞は加齢に伴って動きが鈍くなってしまうのです。

この毛母細胞を活性化する成分が入った育毛剤を選ぶと、血行がよくなり有効成分をより効果的に毛母細胞に届けてくれることが期待できます。

L-アルギニンは主に成長ホルモンの生成と放出について重要な働きをしています。血管を拡張する作用があるとされ、血行を促進する働きや育毛を促進するのにも効果的であると期待されている成分です。

アセチルデカペプチド‐3は成長因子(細胞の新陳代謝を司る、体内のたんぱく質)と呼ばれ、薄毛治療に取り入れられるなど注目されています。毛を作り出す毛母細胞も、成長因子の影響を受けています。

今回例に挙げた成分以外にも育毛剤にはたくさんの成分が配合されています。1種類だけでなく複数の成分が配合されていれば、あらゆる面から薄毛にアプローチすることが可能です。そのため少なくとも3種類の有効成分が配合された育毛剤を選ぶ事をおすすめします。

添加物などの刺激成分が少ない育毛剤を選ぶ

添加物の例
  1. エタノール
  2. 香料
  3. 防腐剤
  4. 界面活性剤
  5. ポリマー

添加物は製品にとって必要なものですが、人によってはアレルギー(赤み、かゆみ)を起こすことがあります。製品の保存性を高めるための防腐剤や、成分同士を混ぜ合わせる活性剤など、その種類はさまざまです。購入する前に自身がアレルギーのある成分が配合されていないか確認しましょう

エタノールはアルコールアレルギーの方や乾燥肌の方は、頭皮トラブルを起こすおそれがある成分です。アルコールパッチテストなどで反応がある人は避けることをおすすめします。

香料はその名の通り、薬剤感を減らすために用いられる香りのことです。育毛剤で使われる香料は単なる香り付けだけでなく、原料のにおいの軽減や、防腐効果の向上など、さまざまな目的で配合されます。皮膚に炎症を起こすおそれがあるため、心配な方は無香料の育毛剤を選ぶと良いでしょう。

防腐剤は雑菌が繁殖するのを防ぐ目的で使われます。防腐剤の一種である殺菌剤は菌を死滅させる効果があるため、頭皮を保護するための常在菌(必要な菌)まで殺菌してしまい、皮膚の乾燥を招く恐れがあります。そのため、できるだけ防腐剤が入っていない育毛剤を使用しましょう。

界面活性剤は水と油どちらにも馴染みやすい性質を持っている成分です。洗剤などにも使用されているため、私たちの生活で身近な薬剤になっています。育毛剤は基本的に低刺激の物が使用されていることがほとんどですが、中には肌荒れを起こす方もいるため、無添加の物を使用する機会が多い人はなるべく使用しない方が良いでしょう。

ポリマーは液剤にとろみを出すために使われる添加物です。これを頻繁に使用してしまうと、皮膚に膜を張ってしまい常在菌(病原性を示さない元々体の中にいる菌)が住みづらい環境を作ってしまうデメリットがあります。シャンプーに使われるシリコンもポリマーの一つです。

頭皮環境や髪質は人それぞれであり、多くの人に効果がある育毛剤でも自分に合うとは限りません。無添加の育毛剤がベストというわけではありませんが、できるだけ添加物の種類が少ない商品を選ぶようにするといいでしょう。

使用感がいい育毛剤を選ぶ

使いやすさも育毛剤選びのポイントのため、使用感の良い育毛剤を使うようにしましょう。一般的に育毛剤は「エアゾールタイプ」「ミストタイプ」「ノズルタイプ」の3タイプに分かれています。

エアゾールタイプはガスの圧力で噴射するスプレー式のタイプです。噴射力が強いため、毛量に関係なく頭皮まで育毛剤が届き、手軽に塗布ができます。

噴射範囲を狭くし、頭皮により届きやすくした「ジェットタイプ」と呼ばれるものもあり、塗布しやすくシュッと吹きかけるだけなので忙しい人でも続けやすいメリットがあります。ただつける量や噴射の勢いのコントロールが難しく液だれしてしまう事がある事が残念です。

具体的な商品例では「リアップモイストスカルプスプレー」や「アンファー スカルプD 薬用育毛トニック」等がスプレータイプです。

ミストタイプはミスト状になって、広範囲に育毛剤を塗布できるタイプです。噴射力が弱いため、毛量が多い人は頭皮まで届かずに髪の表面に付く可能性があるので、髪をかき分けて頭皮に塗布する必要があります。容器タイプをコンパクトにし持ち運びがしやすい商品もあるため、トラベル用としても使用できます。

具体的な商品例では「薬用育毛剤 エヴァンジル」や「M-1ミスト ユニセックス」などが挙げられるでしょう。

ノズルタイプはノズルの先端を頭皮に当てて、育毛剤を塗布するタイプです。直接頭皮に当てることができるため、毛量に関係なく使えます。ただし、使い方によっては額の生え際から液がたれてきやすい場合もあるため、使用方法を確認して正しく使うようにしましょう。

香りが気にならない育毛剤を選ぶ

育毛剤を選ぶときは香りが気にならないものを選ぶことをおすすめします。なぜなら育毛剤の中には香りがきつい物や、独特の香りがするタイプの物もあるからです。また、香りがきつい育毛剤を使っていると周囲に使っているのがバレやすいし、迷惑にもなりかねません

育毛剤を使っていることはデリケートな問題のため、会社の同僚などの周囲にはバレたくないですよね。無香料と記載されているタイプは基本的には気にならない程度の物が多いですが、生薬やハーブの独特な香りがする場合もあります。そのため、口コミやレビューで事前にチェックしてから選ぶようにしましょう。

数ヶ月以上継続して使うことができる価格帯の育毛剤を選ぶ

育毛剤を選ぶときは「数ヶ月以上使えるか」という観点で選ぶことも大切になります。なぜなら育毛剤の効果を実感するためには、3~6ヶ月間、もしくは年単位で使う事もあるからです。

育毛剤は1,000円代から1万円を超えるものまで値段設定はピンキリです。例えば安いものであれば1,045円(フレッシュリアップ)で高い物は15,180円(プランテルEX)等があります。仮に1本1万円の育毛剤を1ヶ月に1本使ったとすると、年間で12万円かかることになります。

効果が出て改善されるまでは数ヶ月から年単位でかかることを考えると、使い続けられる価格帯の育毛剤を選ぶことは大切なのです。

安ければ続けられる、高いとコスパが悪いではなく、予算の範囲内で自分が求めた効果が期待できる育毛剤を選ぶようにしましょう。

薄毛改善におすすめな育毛剤5選

「選び方はわかったけど、結局どの育毛剤がいいのかわからない」という方もいらっしゃいますよね。初心者の方は特に選んだ育毛剤が正しいのかわからなくなるでしょう。

そこで以下では、先ほど紹介した選び方にそって抽出したおすすめ育毛剤を5つ紹介します。合う合わないは人それぞれのため今回はランキングではない形で紹介するので、参考にしてみてください。

1.ニューモ育毛剤【タマゴ由来の頭皮保護成分を配合】

ニューモ育毛剤
有効成分
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • D‐パントテニルアルコール
添加物などパラベン・合成香料・鉱物油無添加
合成着色料・シリコン・紫外線吸収剤無添加
ノズルタイプスプレータイプ
香りほのかな香り
価格(税込)通常価格:通常価格:5,500円
定期価格:4,950円 ※初回定期限定55%OFFの2,475円
おすすめポイント
  • タマゴ由来成分で頭皮を保護する
  • 3つの有効成分配合
  • ジェット噴射でピンポイントに塗布できる

ニューモ育毛剤はセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、D‐パントテニルアルコールなどの有効成分を配合しています。

またタマゴ由来の頭皮保護成分HGP※が頭皮を保護してくれます。自然由来の成分で作られているため、敏感肌の方でも安心して使用できます

香りもほのかな香りで薬剤感を極力抑えているため、周囲の方にバレることも少ないです。1本5,500円から購入でき、定期購入にも対応しているため、毎回購入する手間を省いてコンスタントに使い続けられるでしょう。

ちなみに定期購入は常時10%OFFで購入できますが、定期初回のみ55%OFFの2,475円で購入できるので、気軽に始めることが可能です。

※独自の方法で製造した特別な卵黄リゾホスファチジルコリン。(頭皮保護成分)

HGP

ニューモ育毛剤の公式HPはこちら

2.チャップアップ【男性人気の育毛剤】

チャップアップ
有効成分
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • トコフェロール酢酸エステル
  • D‐パントテニルアルコール
添加物など成分はすべて天然由来
香料や防腐剤等の添加物も不使用
ノズルタイプスプレータイプ
香り無香料
価格(税込)通常価格:8,690円
定期価格:9,090円(ウルトラ定期便:サプリメントとのセット)
※合計15,800円がずっと42%OFF
おすすめポイント
  • 成分バランスに優れている
  • 各テスト済で肌に優しい
  • 髪の悩み全般にアプローチできる

チャップアップは15種類のアミノ酸や植物由来エキス等保湿成分も豊富で、様々な効能でアプローチができる事が強みの育毛剤です。

頭皮が硬い人等の頭皮環境を整えて、抜け毛や薄毛の進行を食い止めます。CMなど宣伝活動を積極的に行なっているため、見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

添加物は不使用で、香料や防腐剤も使用していないため、限りなく安全な育毛剤になっています。

チャップアップはサプリメントとのセットが特にお得で、それぞれの通常価格を合わせた15,800円から42%OFFの9,090円で初回も2回目以降も購入できるので、興味があればセット購入が特におすすめです。

チャップアップの公式HPはこちら

3.サクセスバイタルチャージ【液ダレ防止成分配合で使いやすい】

サクセスバイタルチャージ
有効成分
  • トランス-3,4’-ヒドロキシフラバノン
  • ニコチン酸アミド
  • スエルチアマリンKI
  • β-グリチルレチン酸
添加物など不使用
ノズルタイプスプレータイプ(液だれ防止成分配合)
香り無香料
価格(税込)通常価格:2,730円
定期価格:なし
おすすめポイント
  • 太くて強い髪を育てて、抜け毛対策
  • 頭皮の血行を良くし、育毛を促進する
  • 炎症によるフケ・かゆみを抑える

サクセスバイタルチャージは毛根に直接作用する有効成分の『t-フラバノン』が含まれている育毛剤です。根元から太くて抜けづらく強い髪が育てられて、抜け毛を防いでくれる効果が期待できます。

スプレータイプで液だれ防止成分が配合されているため、初めて育毛剤を使う方でも簡単に使えます。また、ドラッグストアでも販売しているので、仕事帰りや買い物途中に購入できる手軽な育毛剤です。

サクセスバイタルチャージの公式HPはこちら

4.フレッシュリアップ薬用育毛トニック【コスパが高く始めやすい】

フレッシュリアップ薬用育毛トニック
有効成分
  • センブリ抽出液
  • パントテニールエチルエーテル
  • 酢酸トコフェロール
添加物などパラベン・合成香料・鉱物油
合成着色料・シリコン・紫外線吸収剤不使用
ノズルタイプエアゾールスプレータイプ
香り無香料
価格(税込)通常価格:1,045円
定期価格:なし
おすすめポイント
  • コスパがいい
  • スキッとした爽快感が持続する
  • 抜け毛予防に効果的

フレッシュリアップ薬用育毛トニックは、育毛剤の中でもトップクラスに安い商品です。1,045円で購入でき、ドラッグストアで販売しているため、育毛剤初心者におすすめできます。

ノズルタイプはエアゾールスプレータイプで、スキッとした爽快感が特徴的です。「薬剤を使用している」という感じがダイレクトに伝わるため、より効果を実感しやすくなるでしょう。

また、香料は使用していないので、周囲にバレることなく使い続けられるコスパの高い育毛剤です。

フレッシュリアップの公式HPはこちら

5.ポリピュアEX【敏感肌・乾燥肌でも使いやすい】

ポリピュアEX
有効成分
  • ニンジン抽出液
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • パントテニールエチルエーテル
添加物など香料・着色料・鉱物油
石油系界面活性剤・パラベン不使用
ノズルタイプエアゾールスプレータイプ
香り無香料
価格(税込)通常価格:7,800円+800円(送料)
定期価格:6,800円(送料無料)
おすすめポイント
  • 独自成分バイオポリリン酸が皮膚をアプローチ
  • エアゾール式でしっかり頭皮に塗布できる
  • モンドセレクション10年連続金賞受賞

ポリピュアEXはモンドセレクション10年連続で金賞を受賞している、実績のある育毛剤です。独自成分(バイオポリリン酸・バイオパップス)が発毛を促すことから、年齢や薄毛・抜け毛の原因にこだわらず、髪全般に悩みを抱えている人におすすめできます

通常価格、定期購入価格ともに6,000円を越えるため、今回紹介する育毛剤の中でも高価格帯のラインになりますが、45日以内であれば返金保証も受けられます。肌に合わない等のトラブルがあったときはすぐに返金できるようになっているため、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ポリピュアEXの公式HPはこちら

育毛剤を選ぶ際に気をつけたい3つの注意点

以上で紹介した育毛剤から自分にあったものは見つかったでしょうか。「本当にこれであっているかわからない」と感じている方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では育毛剤を選ぶときに気をつけたい注意点を3つ紹介します。まだ購入できていない方はこれから紹介する内容を確認した上で検討してみてください。

①育毛剤は人によって合う合わないがある

どの育毛剤が良いのかと調べた結果おすすめの商品だからといって、必ずしも自分にもあう育毛剤かどうかは使用してみないとわかりません。人それぞれ薄毛の状況や体質が違うため、全ての人に合う万能な育毛剤はないと言えます。

使っている育毛剤が合っていないと感じたら、思い切って育毛剤を変える事も重要です。ただし、1ヶ月2ヶ月の短期間でやめると効果が実感できない可能性が高いので、肌トラブルが出る等続けられない理由がない場合は半年くらいは使ってみる事をおすすめします。

②髪の本数自体が少ない場合は育毛剤よりも発毛剤のほうが効果が期待できる

育毛剤発毛剤
商品の分類医薬部外品医薬品
使用の目的
  • 今ある髪を健康的にする
  • 髪のボリュームを改善する
  • 抜け毛を予防する
  • 新たに髪を増やす
  • 育毛を促進する
主な有効成分
  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 塩酸ジフェンヒドラミン
  • ミノキシジル
  • フェナステリド
  • デュタステリド
おすすめな人
  • 今ある髪を健康に保ちたい人
  • 髪のボリュームが気になる人
  • 新たに髪を増やしたい人
  • 髪の本数自体が少ない人

混同されがちな育毛剤と発毛剤ですが、配合される成分、期待される効果、どのような状態の人が使うべきかなど明確な違いがあります。そのため、どちらを使うべきかは明確に理解できるようにしましょう。

育毛剤は、薄毛が進行していくことの予防や現状の維持に使われる「医薬部外品」で、発毛剤は疾患や症状を治療・改善する「医薬品」です。医薬品である発毛剤には有効成分「ミノキシジル」という成分が入っており、日本では唯一髪を生えさせる成分の外用薬として認可※されています。

参照元:日本皮膚科学会ガイドライン

そのため、薄毛・抜け毛を予防したい方は今回紹介している育毛剤、全く生えてこない頭皮を改善したい方は発毛剤を使用することをおすすめします。

発毛剤は、毛髪の毛包(特に毛根)を活性化させて、髪が抜け落ちた頭皮に新しい髪を生やす効果がありますが、その分副作用が出やすいと言われています。なぜなら発毛剤は「医薬品」のため、育毛剤より強力な成分が含まれているからです。

そしてミノキシジルは薄毛治療にも使われていますが、元々は抹消血管拡張作用のある降圧剤として開発された経緯があるため、高血圧の方が服用すると副作用が出てしまう可能性があります。

ここまでの説明で「育毛剤では自分の悩みは解決できない」という方もいらっしゃるでしょう。そのような方は「ミノキ5」や「リアップx5」など市販で購入できる発毛剤もありますので確認してみましょう。

③薄毛の状態が分からない場合はAGAクリニックの受診を選ぶのがおすすめ

「育毛剤を使っても効果が実感できない」「自分の薄毛の進行度がわからない」という方はAGAクリニックの受診をおすすめします。なぜなら育毛剤があっていない場合や育毛剤を使用しても効果がない段階まで来てしまっている可能性があるからです。

最近では総合病院や皮膚科以外にもAGAを専門に扱うクリニックが増えています。忙しい方向けにオンライン診療や薬の処方を受けられたり、カウンセリングや初診が無料になったりするクリニックもあります。

特に全国展開しているAGAクリニックは、各都市の主要駅から徒歩圏内の通いやすい場所にあるので気になった方は一度チェックしてみてくださいね。

おすすめのAGAクリニックをチェックする

まとめ

今回は育毛剤の選び方の注目したいポイントとおすすめの商品について解説しました。抜け毛は何か特定の原因で起こるというよりは、様々な要因が複合的に絡み合って引き起こされます。

「薄毛を予防するためには育毛剤の大切さはわかっている。けれども自分にあった育毛剤がどれかわからない」という方は、育毛剤を選ぶ際に注目したいポイント5選に沿って選んでみてください。

また、実際に育毛剤を選ぶ方は、今回紹介したおすすめ育毛剤を5選から自分にあった育毛剤を選ぶと良いでしょう。

育毛剤を選ぶ際は、目的に合った成分が配合されているか確認する事が大切です。育毛剤を使用するのか、発毛剤を使用するのか、それともAGAクリニックに受診するのか自分の症状に合わせて検討してみてください。

おすすめの育毛剤をもう一度見る