AGA治療の種類について|内服薬・外用薬・注射などの治療方法を解説

AGAの治療方法には基本的に内服薬と外用薬の2種類がメインで、その他にもメソセラピーや肝細胞治療などさまざまな種類の治療を受けることができます。

今回はほとんどのAGAクリニックで主流とされている治療方法についてご紹介するとともに、それぞれの治療方法における薬の役割や料金、発毛が実感できるまでの期間などについてもご紹介していきたいと思います。

AGA治療をこれから受けるという方や、AGA治療について調べてみたものの、なかなか治療の種類が多すぎてどれが結局正しいのかわからない、という方もにもご満足いただける内容となっていただきますので、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

AGAの治療方法はいくつかあるが「薬」が基本

AGAの治療方法はいくつもありますが、基本的には薬がメインの治療方法となります。

薬には内服と外用があり、文字通り飲み薬と塗り薬です。

基本的には飲み薬はほとんどの方に必要とされており、予防にも発毛にも内服薬を治療するクリニックがほとんどです。

そして塗り薬は発毛をメインの役割とする治療方法であり、抜け毛を抑制するとともにより、高い発毛効果を実感したい方が利用します。

AGA治療の薬は大きく分けて4種類

AGA治療の薬は大きく分けて4種類あり、フィナステリドの内服とデュタステリドの内服、ミノキシジルの塗り薬とミノキシジルの内服です。

特にフィナステリドの内服とデュタステリドの内服、ミノキシジルの塗り薬は日本皮膚科学会からも推奨されている治療方法なので、ほとんどのAGAクリニックで受けることのできる治療方法です。

それぞれについて詳しくご紹介していきますので、一緒に確認していきましょう。

1.フィナステリド(プロペシア)の内服【抜け毛予防】

フィナステリド(プロペシア)の内服【抜け毛予防】
費用の目安5,000〜9,000円
薬の名称プロペシアなど
発毛が実感できるまで早め(3ヶ月程度)
この治療の目的AGAの予防、発毛促進

まずはフィナステリド、またはプロペシアの内服での治療の方法です。

フィナステリドはAGAの原因であるジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを作り出す原因とされている「5αリアクターゼ」という還元酵素のⅡ型を抑制してくれる薬です。

5αリアクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、特にⅡ型が原因でジヒドロテストステロンが作り出されてAGAの症状を発現してしまっている方にとっては非常に有効な治療方法となるでしょう。

AGAの治療にはAGAの進行を防ぐものと発毛を目指すためのものがありますが、基本的にフィナステリドはAGAを抑制し、ヘアサイクルを正常に戻すのが目的なのでメインの役割はAGAの進行の抑制と言えるでしょう。

関連記事

薄毛は20代から幅広い年代で悩まれる大きな問題です。この薄毛の原因となる「抜け毛」を抑える医薬品をご存知でしょうか。AGA(男性型脱毛症)の治療薬で、抜け毛を抑制する効果が期待できる成分が「フィナステリド」です。しかし、中には「フィ[…]

2.デュタステリド(ザガーロ)の内服【抜け毛予防】

デュタステリド(ザガーロ)の内服
費用の目安8,000円〜10,000円
薬の名称ザガーロなど
発毛が実感できるまで早め(3ヶ月程度)
この治療の目的AGAの予防、発毛促進

続いてデュタステリドの内服です。

こちらもフィナステリドと同じくジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを作り出す原因である5αリアクターゼを抑制する薬なのですが、フィナステリドがⅡ型の5αリアクターゼを抑制できる一方で、デュタステリドはⅠ型、Ⅱ型両方の5αリアクターゼを抑制することができます。

しかし、効果が高いとされる分、副作用の発現の確率もややフィナステリドと比べて高いとされており、なにより料金も少しフィナステリドより高い場合が多いため、長期的な目線で考えて利用を続けられるかどうかはあらかじめ考えておいた方が良いでしょう。

3.ミノキシジルの塗り薬【発毛】

ミノキシジルの塗り薬
費用の目安5,000円~13,000円
薬の名称ミノキシジル外用
発毛が実感できるまで早め(3ヶ月程度)
この治療の目的発毛促進

続いてミノキシジルの塗り薬です。

ここまでご紹介したフィナステリドやデュタステリドがAGAの進行を防ぐものでしたが、ミノキシジルは発毛を促進する効果があるとされています。

ミノキシジルの塗り薬は細胞分裂の活性化や血管の拡張などによって発毛と髪の毛の成長を促進する効果があるとされています。

ミノキシジルの外用薬は、フィナステリドやデュタステリドといった内服薬と作用の機序が異なるので、併用することも可能です。

多くのクリニックではフィナステリドやデュタステリドでAGAの進行を防ぎながらミノキシジルの塗り薬で発毛を促すというアプローチの方法が多いです。

ミノキシジルの塗り薬はほぼ副作用はないとされていますが、まれに下記のような副作用が発現するおそれはあるので、もし副作用が心配だということは血液検査などでAGAクリニックで副作用がないかは確認しておく事をおすすめします。

東和薬品が発売しているミノキシジルを5%配合した外用薬である「ミノアップに」はまれに下記のような副作用が発現する可能性があると公式サイトに記載されていたためご紹介しておきます。

関係部位症状
皮膚頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

引用:東和薬品・ミノキシジル5%配合外用薬「ミノアップ」公式サイトより

4.ミノキシジルの内服【発毛】

ミノキシジルの内服
費用の目安10,000円〜15,000円
薬の名称ミノキシジル内服
発毛が実感できるまで早め(3ヶ月程度)
この治療の目的発毛促進

ここまでご紹介してきたミノキシジルの外用やフィナステリド、デュタステリドの内服と異なり、医学的にAGAの治療薬として認可されているわけではありませんが、多くのAGAクリニックで利用されている治療方法の一つとしてミノキシジルの内服が挙げられます。

ミノキシジルの内服は下記のように日本皮膚科学会では推奨しないとされています。

ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない. ミノキシジルは降圧剤として開発されたが本邦では認可されていない.また,男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない.それにもかかわらず,全身の多毛症を起こす副作用があることを根拠に,医師が安易に処方したり,一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので,医薬品医療機器等法の観点から問題視されている.多毛症以外のミノキシジル内服薬の副作用の報告は少なく,内服用製剤の添付文書中の市販後調査欄に,胸痛,心拍数増加,動悸,息切れ,呼吸困難,うっ血性心不全,むくみや体重増加などの重大な心血管系障害が生じるとの記載がある.以上のように,ミノキシジルの内服療法は,利益と危険性が十分に検証されていないため,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに行わないよう強く勧められる.

引用:日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

しかし、全身の体毛が濃くなるという副作用も相まって、ミノキシジルの内服を利用することにより髪の毛もかなり濃くなったという声が多く聞かれており、AGAクリニックでも処方するところはかなり多いです。

利用する際は医師としっかりと相談し、血液検査や健康診断もあわせて副作用の可能性も確認しながら治療を進めましょう。

関連記事

薄毛の治療薬には飲み薬や塗り薬といったように、いくつかの種類があります。その中でも「ミノキシジル」という薬を知っている方もたくさんいらっしゃいますよね。しかし「本当に効果があるか」「副作用や入手方法がわからない」などさまざまな疑問を[…]

薬の服用以外のAGA治療方法について

薬の服用以外のAGA治療方法

基本的にAGAの治療方法のメインは薬の服用、もしくは薬を塗ることであり、ほとんどのクリニックではそれで十分だとされています。
しかし実はAGA治療には薬の服用以外にもさまざまな方法があり、特に代表的なメソセラピーと自毛植毛について確認していきましょう。

1.メソセラピー

メソセラピー
費用の目安15,000円〜30,000円
発毛が実感できるまでかなり早い
この治療の目的発毛促進

まずはメソセラピーです。

メソセラピーは注射針などを用いて有効成分を直接対象の部位に注入する治療法であり、AGA治療にもしばしば用いられる方法です。

AGA治療に有効であるとされる薬剤を直接注入できることはもちろんですが、髪の毛の成長因子なども直接注入することができるので、ミノキシジルの外用やフィナステリド、デュタステリドの内服などと合わせて利用する事でより高い発毛効果が期待できるそうです。

また、普段の生活でビタミンやミネラルなどが十分に摂取できていない方はビタミンやミネラルなどを混ぜたカクテルを注入してくれるメソセラピーもあるので、より高い発毛効果を期待する場合は利用することをおすすめします。

メソセラピーはご覧の通りかなり料金に幅がありますが、これは針を使わない治療方法である垂直マイクロニードルやノンニードル法など多くの治療法があるからです。

基本的に針を使わないタイプの方が痛みこそ少ないものの料金が高くなり効果も低くなるという傾向があり、針を使うタイプは痛みこそあるものの料金も安めで、効果も期待できるので「自分は痛みに強い」「我慢できる」という方は可能な限り針を用いた治療方法をを利用することをおすすめします。

2.自毛植毛

自毛植毛
費用の目安299,000〜770,000円
発毛が実感できるまで治療後すぐ
この治療の目的即効性のある発毛

自毛植毛は文字通り、自らの髪の毛は別の場所に植え替える施術の方法で、多くの方がそこまで薄くなっていないであろう後頭部や側頭部などの髪の毛を植え替えます。

人工植毛などを用いる場合は拒否反応が出る場合もあり、生え変わりもしないのですが、自らの髪の毛を植え替えることで拒絶反応や副作用がないのも特徴です。

後頭部などのAGAの影響を受けていない部分の髪の毛を選んで移植するので、髪の毛が定着してしまえばAGAが進行する可能性も低いそうです。

こちらはAGAでない方でも利用できる治療方法なので、「自身がAGAかどうかわからない」という方でも利用できます。

育毛シャンプーや亜鉛などのサプリについて

一部のAGAクリニックでは上述した主流の治療方法と合わせて「サプリ」や「シャンプー」を一緒に提供している事があります。

これらは”治療”というよりも”補助”的な役割となります。その割には結構な料金が取られるケースも多いため、利用の際は十分考えてみてほしいです。下記情報も参考にしてみてください。

育毛シャンプーの利用で発毛実感までの時期は早まる?

市販されている育毛シャンプーなどを利用することで、髪の毛が生える実感を得るための期間を短くすることはできるのでしょうか。

その名の通り、育毛シャンプーは基本的に髪を「生やすもの」ではなく「育てるもの」であり、一般的なシャンプーに比べて髪や頭皮への負担が最小限に抑えられているので、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを予防することはできます。

頭皮の環境を整えることで育毛剤や発毛剤の浸透率を高める効果も期待できるので、抜け毛や薄毛予防に良いとはされていますが、劇的な効果が得られるわけではありません。

あくまで育毛シャンプーは補助的な利用としての解釈にに留めるべきであり、それ単体で利用したりしても特に効果は得られませんし、大幅に発毛実感までの期間を狭める効果があるわけでもありません。

亜鉛の効果は?

多くのメディアなどで「育毛には亜鉛を摂取することが良い」と言われていますが、亜鉛の効果はどのようなものなのでしょうか。

亜鉛は必須ミネラルと呼ばれる16種類のミネラルに含まれるもので、体内で合成することができないので積極的に摂取する必要があります。

亜鉛はタンパク質の結合をサポートする働きがあり、タンパク合成全般に不可欠とされています。

髪の毛は「ケラチン」と呼ばれる18種類のアミノ酸が結合してできていて、亜鉛が不足するとケラチンの酸性に悪影響を及ぼし、育毛を妨げることがあるとされています。

味覚を正常に保ったり、抗酸化作用や免疫力向上の効果もあるので、「なんとなく身体がだるい」という方が亜鉛を摂取するようになり、少し体調が改善したという声もよく聞きます。

亜鉛はレバーや赤身肉、牡蠣や納豆に豊富に含まれているので、これらの食材を普段あまり食べないという方は試してみても良いのではないでしょうか。

また、AGA治療において大切なのは「ジヒドテストステロン」という物質の発生を抑制することであり、ジヒドテストステロンは男性ホルモンの一種として有名なテストステロンと「5αリアクターゼ」という還元酵素が結びつくことで産生されるものです。

イギリスの論文では、亜鉛には5αリアクターゼを抑制する効果があるともされています。

髪の毛を構成するケラチンを合成する役割はもちろんのこと、補助的な役割として5αリアクターゼの抑制が期待できるので、亜鉛を摂取するのは発毛を目指す方におすすめです。

しかし、こちらもフィナステリドやデュタステリドといったAGA治療に用いられる薬と異なり、国内での究や治験での証拠があるわけではないので、あくまで補助的なものとして考えるようにしましょう。

育毛シャンプーを利用することも亜鉛などの栄養を摂取することも、発毛を実感するまでの期間を少しでも早めるために工夫として勧められるものではありますが、必須なわけではありません。

必ずしもこれらの対策をしたからといって髪の毛が生えるというわけでもありませんので、「健康を意識して亜鉛を摂取する」、「プラシーボでも良いから、髪の毛のために努力をしている実感が欲しい」という方が試してみる程度の解釈で良いです。

AGAの治療方法の選び方について

ここまでご紹介してきたようにAGAの治療方法にはさまざまな種類があり、どれを選べばいいのか分からないという方も多いでしょう。

そこでここからは医師の観点からAGA治療の選び方についてご紹介するとともに、それぞれの治療のメリットについても一緒に確認していきたいと思います。

1.まずは自身のAGAの進行度を把握する

AGA治療を受けるにおいて最も大切なのは、まず自身のAGAの進行度を確認することです。

AGAクリニックにはさまざまな診察方法がありますが、マイクロスコープで頭皮を見てもらったり、毛髪のホルモン量の測定することでAGAの状況を知り、適切な治療方法を選ぶということができるクリニックもあります。

自身のAGAの進行度を確認することで、これからの治療方法の方針や、どの程度の予算がかかるかなどをある程度把握することができるので、まずはしっかりと自身のAGAの進行度について把握しておくようにしましょう。

2.フィナステリドorデュタステリド+ミノキシジルの内服が基本

AGAの治療は基本的にはフィナステリドかデュタステリドを利用し、ミノキシジルの内服を利用する場合も多いです。

特にフィナステリドやデュタステリドはAGA治療においてほぼ必須とされており、その理由としてはフィナステリドやデュタステリドがAGAの進行を防ぐ薬だということが挙げられます。

AGAは進行性の病気であり、完治するものではありません。よって髪の毛が生える治療法やアプローチを行うことはもちろん大切ですが、「そもそも髪の毛が抜けない」という状況を作ることの方が肝要です。

まずはしっかりとフィナステリドとデュタステリドを用いて薄毛を抑制し、それに合わせてミノキシジルの内服や外用を用いて発毛を目指していくというのが基本的な方法となってきます。

3.発毛後はフィナステリドを使った予防・維持を

しっかり発毛ができて、もうすっかり薄毛が気にならない、治療を止めてもいいのでは、とも感じるほど発毛を実感できた際はフィナステリドを使ってAGA予防をすることをおすすめします。

ここまで何度もご紹介してきているように、残念ながらAGAは進行性の病気であり、「完治」という概念が存在しないので、完全に治療を止めてしまっては、また髪の毛が薄くなり始めてしまいます。

そこで発毛を目指すのが主な役割であるミノキシジルの服用は中止・または減薬し、AGAの進行を防ぐフィナステリドやデュタステリドの量を調節しながら維持していくことが基本的な方法です。

完全に治療をやめるということはなかなか難しいかもしれませんが、場合によってはフィナステリドやデュタステリドの量を減らすこともできるので、一度相談し、少しずつ薬を減らしていくようにしましょう。

関連記事

AGA治療を始めるにあたって、「AGA治療とどれほどの期間付き合わないといけないの?」「治療を途中でやめるとどうなるの?」と疑問を持つ方も多いと思います。結論をいうと、AGA治療は一生付き合う必要がありますがゴールは自分自身の頭髪の[…]

4.早く発毛を実感したい方はメソセラピー・自毛植毛も検討

AGAの効果を実感するには、どれだけ早くとも3か月程度必要であるとされています。

人によっては半年、更には1年程度発毛の効果を実感するまでにかかる場合もあります。

そこで、一刻も早く発毛を実感したいという方はメソセラピーや自毛植毛を検討することをおすすめします。

メソセラピーは有効成分や成長因子を直接頭皮に注入できる方法なので、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどと合わせて利用する事でより早く、より高い効果が実感できる場合も多いです。

自毛植毛は先ほどもご紹介した通り、自らの髪の毛を後頭部などから持ってきて直接植える方法なので、即効性があります。

その後の安定性も高いので、「一刻も早く効果を実感したい」という方には特におすすめの治療方法となっています。

5.クリニックへの通院以外に「オンライン診療」も可能

クリニックフォアAGAオンラインクリニックのように、オンラインをメインの治療方法として提供しているクリニックも数多くあり、近年ではAGA治療もオンラインで受ける方が多くなってきています。

もちろんメソセラピーや自毛植毛などの治療を受けることはできませんが、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルの外用など基本的な薬はオンラインのみでも処方してもらえるので、近くにクリニックがないという方やお仕事や家庭の事情でなかなか家を空けられない方、生活リズムがイレギュラーな方はオンライン診療を積極的に利用してみることもおすすめします。

オンラインでの治療ならば、移動時間が全くかかりませんし、予約した時間にビデオ通話に参加するだけで診察が受けられるので、直前まで他の用事をこなすことができ、多忙な方にぴったりの治療方法です。

また、オンラインなので他の患者の方に会う恐れもありませんし、知人にAGAクリニックに通っていることを知られることもありません。「誰にも知られず、AGA治療を受けたい」という方にオンライン治療はおすすめです。

関連記事

近年では病院の「オンライン診療」も盛んになってきました。通院するタイプの従来の診療と比べて、医師による詳細な診断はできないものの、「ある程度症状は分かっていて、薬が欲しい」みたいなケースではとても便利です。AGA治療はオンラ[…]

まとめ

今回はAGA治療の種類について内服薬・外用薬、そしてメソセラピーや自毛植毛などの治療方法を料金や目的、必要な期間などについてご紹介してきました。

AGA治療は基本的にフィナステリドやデュタステリドそしてミノキシジルの外用を用いるのが一般的な方法ですが、ミノキシジルの内服やメソセラピー、自毛植毛といった方法も目的や予算に応じて利用する事でより高い効果を実感できることでしょう。

医師と相談しつつ、予算や目的、「どれぐらいの期間で髪の毛を生やしたいか」など見通しを立て、あなたに適切な治療を受けるよう心がけてください。

関連記事

AGA治療を利用する方にとって最も気になるのは費用かと思いますが、その次に気になるのは「どのくらいの期間、治療を続ければ良いのか」ということでしょう。どのくらいの期間治療を続けるのかということを考えると、最終的に治療にどのくらいの料[…]

関連記事

「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする...」「治療を受けたいけれど、クリニックが多すぎてどこで治療を受ければ良いかわからない...」このようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。そこで、今回はAGA治療のク[…]