AGAメソセラピーとは?施術方法からメリット・デメリットまで解説

育毛の有効成分を注入し、薄毛が改善できる「AGAメソセラピー」。

AGAメソセラピーの治療を検討していても、施術後における効果の有無について、知りたい人も多いのではないでしょうか

AGAメソセラピーは内服治療より早く改善効果が見られ、副作用の発症リスクが低い施術法です。

そこで、今回はAGAメソセラピーの施術方法からメリット・デメリットまで詳しく解説します。

AGAメソセラピーが気になるという方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

AGAメソセラピーとは?

AGAメソセラピーは薄毛改善が期待できる有効成分を頭皮に直接注入し、発毛効果を促進する治療法です。

毛細血管を拡張する「ミノキシジル」、髪の生成や細胞のダメージを防ぐ「ケラチノサイト成長因子(KGF)」など、毛髪生成を促進する栄養素を補えます。

また、高い発毛効果が期待できる「パピュール法」、頭皮に刺激を与える「ダーマローラー法」など、5つの施術方法から自分に合う治療が受けられます。

そして、AGAメソセラピーは内服薬と併用可能な施術法です。

クリニック独自で毛髪の有効成分をブレンドできるため、AGA症状に合った栄養素を取り入れられます。

AGAメソセラピー注射に主に含まれる成分一覧

AGAメソセラピー注射に主に含まれる成分として、以下の10種類が挙げられます。

  • ミノキシジル
  • ケラチノサイト成長因子(KGF)
  • 線維芽細胞成長因子9(FGF9)
  • インスリン様成長因子(IGF-1)
  • 血管内皮細胞成長因子(VEGF)
  • 繊維芽細胞成長因子(bFGF)
  • 分泌性たんぱく質(Noggin)
  • 活性酸素分解酵素(SOD)
  • 生体のエネルギー源(ATP)
  • 銅ペプチド

ミノキシジルは毛細血管を拡張し、毛髪生成に必要な毛乳頭へ栄養分を届ける成分です。

ケラチノサイト成長因子(KGF)は、新しい毛髪の生成や細胞のダメージを防ぐ成長因子です。

また、線維芽細胞成長因子9(FGF9)を取り入れることで、休止中の成長シグナルが正常に戻ります。

10種類の有効成分の摂取によって、毛髪生成を促進する栄養素が補給可能です。

そして、AGAメソセラピーのブレンド成分は、各クリニックによって異なります。

施術前に担当医に相談し、症状改善に合う成分を取り入れましょう。

AGAメソセラピーの5つの施術方法

メリットデメリットおすすめな人
パピュール法
  • 注射針を用いて有効成分を注入
  • 「麻酔注射」「点滴麻酔」など麻酔薬が利用できる
  • 治療に強めの痛みを伴う
  • 高い発毛効果を得たい人
ナパージュ法
  • パピュール法より傷みが軽度
  • 有効成分の持続性が高い
  • 3週間から4週間程度に1回の頻度で通院が必要
  • 有効成分における持続性を意識したい人
ダーマローラー法
  • 頭皮の若返りや血行の促進効果が得られる
  • 穿孔は施術後3時間程度で塞がる
  • 多少の痛みを感じる
  • 頭皮の若返りや血行を促進したい人
ノーニードル法
  • 針を使用しない
  • 痛みが苦手な人でも治療が受けられる
  • 赤みやかゆみの発症リスクがある
  • 施術の痛みを避けたい人
フラクショナルレーザー法
  • ヘアサイクルを成長期へ転換できる
  • 毛細血管を活性化できる
  • 費用が高額になりやすい
  • ヘアサイクルの乱れを改善したい人

ここでは、AGAメソセラピーの5つの施術方法について解説していきます。

AGAメソセラピーの施術方法として、高い発毛効果が期待できる「パピュール法」、極細の注射針で細かく薬剤を注射する「ナパージュ法」などが挙げられます。

また、針が不使用の「ノーニードル法」による施術を受けることで、施術の痛みが気になる人でも治療を続けられますよ。

パピュール法

パピュール法は注射針を用いて、表皮と真皮の間に有効成分を注入する術式です

表皮と真皮の間に有効成分が浸透し、高い発毛効果が期待できます。

また、治療に強めの痛みを伴うため、麻酔薬の注入が必要です。

クリニックによって「麻酔注射」「点滴麻酔」など麻酔薬を用意しており、傷みを緩和しつつ施術が受けられますよ。

ナパージュ法

ナパージュ法は極細の注射針における刺入抵抗を確認しつつ、最も効果的な薬剤を打ち分ける施術です。

ナパージュ法はパピュール法と比べて、細かく薬剤を注射していく術式です。

また、パピュール法より傷みが軽度なため、施術における患者側の精神的な負担を軽減できます。

そして、注入後における有効成分の持続性が高く、発毛効果が期待できます。

3週間から4週間程度に1回の頻度で通院を続けることで、パピュール法より軽い傷みのAGA治療に取り組めますよ。

ダーマローラー法

ダーマローラー法は200本以上の突起が付いたローラーを用いて、頭皮に刺激を与える術式です。

突起の刺激で皮膚が穿孔し、穿孔から真皮に薬液を浸透させることで、発毛効果が期待できます。

また、頭皮の若返りや血行の促進効果を得られるため、発毛を促進する良質な頭皮環境を整えられます。

穿孔は施術後3時間程度で塞がり、施術後の傷跡も残りません。

そして、施術時の痛みが心配な人は、表面麻酔を取り扱うクリニックも存在するため、施術前に相談しましょう。

ノーニードル法

ノーニードル法は皮膚細胞膜に隙間を空け、電気パルスによって根毛部分に有効成分を浸透させる施術です。

また、ノーニードル法は針を使用しないため、痛みが苦手な人でも継続的に治療が受けられます。

そして、副作用として赤みやかゆみが発症するケースもあります。

気になる症状や過去に罹患した病気「既往歴」を担当医に相談することで、安心感を持って施術が受けられますよ。

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザー法は点状の極小レーザービームを使用し、頭皮内の細胞を直接刺激する術式です。

また、ヘアサイクルを成長期へ転換でき、発毛効果が高まります。

そして、毛細血管を活性化する効果が得られるため、元気な頭皮へ再生します。

ただ、特殊機材を使用するため、費用が高額になりやすい点がデメリットです。

レーザーはメラニンに反応しないため、健康な毛髪を損傷せずに治療できますよ。

AGAメソセラピーとHARG療法の違い

施術方法施術方法の特徴
AGAメソセラピー
  • AGAメソセラピーは10種類程度の有効成分をブレンド
  • クリニック独自でブレンドした成分を採用
  • AGA症状に合った成分を取り入れ、少ない薬剤でも薄毛改善が期待できる
HARG療法
  • 150種類以上の成長因子を含む「HARGカクテル」を採用
  • 毛母細胞が存在しない人は、発毛効果が得られない

AGAメソセラピーとHARG療法の違いとして、注入成分の異なる点が挙げられます。

AGAメソセラピーは、クリニック独自でブレンドした10種類程度の有効成分を採用している施術法です。

一方で、HARG療法は150種類以上の成長因子を含む「HARGカクテル」を採用している術式です。

他には、「ミノキシジル」「亜鉛」「ミネラル」などの有効成分が薬液に含まれています。

AGAメソセラピーからAGA症状に合った有効成分を取り入れることで、少ない薬剤でも薄毛改善が期待できます。

AGAメソセラピー治療の3つのメリット

ここでは、AGAメソセラピー治療の3つのメリットについてご紹介していきます。

AGAメソセラピーは、内服治療より早く改善効果が現れる施術法です。

また、AGAメソセラピーの副作用は低リスクなため、持病持ちの方でも安心感を持って施術できます。

そして、クリニック独自で成分をブレンドし、女性患者の症状に合った治療が受けられます。

1、内服治療と比べて早く結果が出やすい

AGAメソセラピーは、内服治療より早く改善効果が現れる施術法です。

内服薬による治療期間として、3ヵ月から6ヵ月程度の期間が必要です。

一方で、AGAメソセラピーの施術を数回受けることで、発毛が実感できます。

また、AGAメソセラピーで育毛効果を得るためには、月1回の通院を3回以上継続します。

担当医と相談することで内服治療も併用可能なため、発毛が実感しやすいですよ。

2、持病がある人でも治療を受けやすい

AGAメソセラピーの副作用は低リスクなため、持病持ちの方でも安心感を持って施術できます。

一方で、「ミノキシジル」「フィナステリド」など、AGA内服薬は副作用の発症リスクがあります。

持病持ちの方は事前に担当医に相談し、発症リスクを下げましょう。

また、AGAメソセラピーは、クリニック受診のみで治療が完結します。

近距離のクリニックに通院することで、内服薬を服用する手間が省けますよ。

3、女性の薄毛対策にも期待できる

AGAメソセラピーはクリニック独自で成分をブレンドし、女性患者の症状に合った治療が受けられる術式です。

女性特有の症状として、ミノキシジルを妊娠中に服用することで心臓に負担がかかります。

また、男性用ミノキシジルと女性用ミノキシジルを比較すると、男性用商品は高濃度です。

男性用ミノキシジルを誤って服用することで、副作用が強く表れるケースも考えられます。

AGAメソセラピーの施術において、症状や体質に合った女性向けの薄毛対策が実現できますよ。

AGAメソセラピー治療の3つのデメリット

ここでは、AGAメソセラピー治療の3つのデメリットについてご紹介していきます。

AGAメソセラピーの施術費用は、内服薬治療より高額です。

また、AGAメソセラピーの施術において、クリニックへ通院する時間が必要です。

そして、AGAメソセラピーの施術において、副作用の発症リスクがあります。

1、内服治療と比べて費用が高い

AGAメソセラピーの施術費用は、内服薬治療より高額です。

内服薬を1ヵ月継続することで、5,000円から1万円程度の費用がかかります。

一方で、AGAメソセラピーは施術1回あたり2万円から5万円となっていて、治療費としてまとまった金額が必要です。

経済的な予算と相談し、無理のない範囲でAGAメソセラピーの受診を検討しましょう。

2、通院の必要がある

AGAメソセラピーの施術において、クリニックへ通院する移動時間の確保が必要です。

可能な限り近距離のクリニックへ通院することで、移動時の負担を最小限にできます。

また、受診時に担当医と相談できるため、湿疹や頭皮の痒みなど、気になる症状を気軽に相談しましょう。

3、副作用のリスクがないわけではない

AGAメソセラピーの施術において、副作用の発症リスクがないとは言い切れません。

AGAメソセラピーの主な副作用として、以下の5点が挙げられます。

  • 患部のかゆみや腫れ
  • 熱感
  • しこり
  • アレルギー症状
  • アナフィラキシーショック

多くの副作用は、施術後の患部周辺に赤みや腫れが生じますが、数時間から数日間で症状が治まります。

一方で、副作用を発症した際は担当医に相談し、専門的な診察を受けましょう。

自己判断せずクリニック受診を心がけることで、二次的な健康被害を予防できます。

まとめ

今回は、AGAメソセラピーとは?施術方法からメリット・デメリットまで解説をご紹介しましたがいかがでしたか?

AGAメソセラピーは内服治療より早く改善効果が見られ、副作用の発症リスクが低い施術法です。

また、クリニック独自でブレンドした成分を採用し、少ない薬剤でも薄毛改善が期待できます。

AGAメソセラピーの副作用は低リスクなため、持病持ちの方でも安心感を持って施術できますよ。